ボランチで出場の冨安健洋、攻守両面で感じた課題「まだまだです」

写真拡大

 日本代表は9日、AFCアジアカップUAE2019初戦でトルクメニスタン代表と対戦し、3−2で勝利を収めた。

 ボランチで出場した冨安健洋は、「守備のところで良さを出そうと思ってプレーはしていたんですけど、まだまだボールを奪う回数も少なかったですし、もっとバランスを取って、セカンドボールを拾うところだったりをできれば良かったかなと思います」と反省を口にした。

 攻撃面についても「縦パスだったり、状況を変えるようなパスは全然出せていないですし、そういうところも求めないといけない」と課題を口にしつつ、「守備のところで良さを出していきながら、最低限ボールをつなぐということをやれれば」と、まずは自身の特長でもある守備の面でチームに貢献したいと述べた。

 日本代表は13日にグループステージ第2戦でオマーン代表と対戦する。