初のアジアカップに臨むMF堂安律

写真拡大

 9日のアジアカップグループリーグ初戦・トルクメニスタン戦を翌日に控え、日本代表MF堂安律(フローニンゲン)は高ぶる気持ちを抑えるように言った。

「ワクワクしている気持ちが大半。その中でみんなの期待があるのは分かっている。それに応えないといけないプレッシャーも少し感じながら、いい緊張感を持っている」

 20歳にしてA代表のレギュラーを務める日本の新星は「チームとして優勝したいし、圧倒的な力で優勝できれば日本代表の株も上がる。アジアと言えば日本と言われるような結果を残したい」と意気込んだ。

 大会直前にMF中島翔哉(ポルティモネンセ)とMF守田英正(川崎F)が負傷のためチームを離れた。MF南野拓実(ザルツブルク)とともに2列目トリオを形成してきた中島の離脱について堂安自身、「いないのは痛い」と認める。

「(中島)翔哉くんのプレーは僕たちの武器だった。翔哉くんが持ったときの自分の動き出しは、あの人のおかげで磨かれた武器だと思っている」。左サイドで中島が起点となり、逆サイドから堂安がゴール前に入っていく形は一つの攻撃パターンだった。

「タメをつくるプレーは僕自身できると思っている。そういうことも意識しながらやっていきたい」と、これまで中島が担ってきた役割も果たす意欲を見せるとともに、中島に代わって追加招集されたMF乾貴士(ベティス)らベテラン選手の存在も大きいと話した。

「経験のある選手たちばかりで、好きなようにやらせてくれている。やりにくいとかも全然感じないし、僕たちは思い切ってやるだけかなと思う」。アジアカップを経て、ビッグクラブへのステップアップも目論む堂安は「タイトルを取ることで自分の価値も高まる。親善試合だけでは判断しづらい部分もあると思うので、(周囲の評価を)確信に変えられるようなプレー、結果を出していきたい」と誓った。

(取材・文 西山紘平)