日曜中山10R・ジュニアCはヴァッシュモンが制す

写真拡大

6日の中山10R・ジュニアC(3歳オープン・リステッド、芝1600メートル)は、田辺騎乗の3番人気・ヴァッシュモン(牡3、栗田徹)がV。今年から導入された爛螢好謄奪畢甞壁佞韻僚蕕瓩討離譟璽垢鮴した。

好スタートを決めたものの、控えて道中は中団の外で脚を溜める形。4コーナーで手応えよく外から追い上げると、直線半ばで先頭に踊り出る。最後は外から追い上げたカルサーノが猛追してきたが、クビ差しのいでゴールインした。

日曜中山3R新馬はアンダープロミスが1番人気にこたえる

田辺「オイシンの馬を外に出さないようにのりました」

騎乗した田辺は「精神面が課題だと思っていました。というのも気が良くて稽古は動く馬ですし、距離も延ばしてきていたので。スタートが速くて、前半は外枠でなければ先手をとれていたくらい。他馬の後ろにおさまるまでは力んでいましたが、その他はリズムよくいけましたね。直線ではオイシン(マーフィー=ディキシーナイト)の馬を外に出させないように乗りました。勝てて良かったです。ただ千四くらいのが、本来はリズムよく走りやすいのかもしれません」と振り返った。