厳選!新馬情報局(2019年版)
第32回:キスラー

 年が明けて2019年、ひとつ年齢を重ねた3歳馬たちの”歩み”は、春の大目標であるクラシックに向けて、一段と加速していくことになる。

 そういう意味では、すでにデビューし、結果を残してきている馬たちが有利であることは間違いない。だが、これから初陣を迎える面々のなかにも、その”歩み”に追いつき、追い越そうかという力を秘めた素質馬がいる。

 その1頭が、栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するキスラー(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 同馬は1歳時から注目を集めてきた。というのも、一昨年の競走馬のセリ市「セレクトセール」にて、1億9500万円(税別)の高額で落札されたからだ。

 それほどの高値がつくのも、良血馬だからに他ならない。母はアメリカのGIエイコーンS(アメリカ・ダート1600m)を制している名牝シャンパンドーロ。父が日本屈指の種牡馬ディープインパクトとなれば、納得である。

 母シャンパンドーロは、引退後に日本で繁殖生活を開始。2014年に生まれた半兄フォギーナイト(牡5歳/父タピット)はダートで6戦4勝と、今後もさらなる活躍が期待される1頭だ。

 また、2015年に生まれた全兄のカザン(牡4歳/父ディープインパクト)も、セレクトセールで2億3500万円(税別)の高値で落札されている。この血統への評価がそれだけ高い証拠だろう(※同馬は中央競馬では未勝利も、その後、地方競馬の門別競馬に移籍し2連勝中)。



「レジェンド」武豊騎手がキスラーと新たな伝説を作るか

 ちなみに、同馬のオーナーであるキーファーズは、武豊騎手に絶大な信頼を寄せていることでも知られる。キスラーも、おそらくデビュー戦は彼が手綱を取ることになるだろう。昨年、JRA通算4000勝という前人未到の大記録を達成したレジェンドが、そこで同馬に対してどんな評価を下すのか、その点も注目される。

 キスラーは現在、トレセンで精力的な調整を行なっている。そこでのスタッフの評価は、概ね高いそうだ。その様子を関西競馬専門紙のトラックマンが明かす。

「池江厩舎では兄のカザンも管理していましたが、キスラーは兄とはタイプが違うようです。スタッフによれば、『(キスラーは)スピードがあって、形がまとまっている』とのこと。『競走馬として、アカ抜けている』とも話しています。

 その口ぶりからすると、上々の手応えを得ていることは間違いありません。(カザンよりも)キスラーの能力のほうが高い、といった評価であることも十分に伝わってきました」

 デビューが年明けと遅くなったが、体質の弱さなどは現時点で特にないという。調整はいたって順調であることを、先述のトラックマンが伝える。

「入厩してからは、問題なく坂路で調教を積んでいます。体質面で気になるところも見当たらないそうで、1月中にはデビューするでしょう。このままスムーズにいけば、いい仕上がりで初戦を迎えられるのではないでしょうか」 昨年、重賞を制した面々が早くもクラシックの主役候補に挙げられているが、デビュー戦のレースぶりによっては、キスラーがその候補に加わってもおかしくない。”レジェンド”武豊騎手を背にして、そんなクラシックの勢力図を塗り替えるような走りを見せてくれることを期待したい。