平成最後となる大手デパートの初売りは、5社のうち2社が前年の売り上げを上回った。一方で、3社が横ばいか前年より減少し、明暗が分かれた形になった。NHKニュースが報じた。

大手デパート5社の発表によると、3日までの初売りの売り上げは「三越伊勢丹ホールディングス」と「そごう・西武」が、前年の同じ時期を上回った。これは、初売りに合わせた福袋を含めてコートなどの冬物の衣料品や、インバウンド消費でバッグや化粧品が好調だったことなどが主な要因。

「高島屋」と「J.フロント リテイリング」は、比較的暖かい日が多かったことで冬物が振るわなかったことや、海外旅行者の増加などの影響で客足が伸び悩み、前年より売り上げが減少したとしている。

また、「エイチ・ツー・オー リテイリング」は横ばいだったという

デパート初売り 大手5社 明暗分かれる(NHKニュース)