映画『僕たちのラストステージ』2人組コメディアンの“パイオニア”、実話を元にコンビ愛を描く

写真拡大

映画『僕たちのラストステージ』が、2019年4月19日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開。

2人組コメディアンの“パイオニア”、実話を元にコンビ愛を描く

映画『僕たちのラストステージ』は、2人組コメディアンの“パイオニア”として知られるアメリカのお笑いコンビ「ローレル&ハーディ」の実話を元に製作。「ローレル&ハーディ」は、日本ではほとんど知られていないが、ハリウッドの映画創成期を支え、100本以上の作品に出演した伝説の名コンビだ。

映画『僕たちのラストステージ』の中では、「ローレル&ハーディ」の晩年にフォーカスを当て、人生を共に歩んできた2人のコンビ愛の物語を描き出す。

ジョン・C・ライリー、第76回ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門 男優賞にノミネート

細身のスタン・ローレルを演じるのは、イギリス出身の俳優スティーヴ・クーガン。コメディアン、コメディ作家としてキャリアをスタートさせたスティーヴ・クーガンは、「アラン・パートリッジ」のTVシリーズでイギリス国民から注目を浴びた人物。『ナイト ミュージアム』シリーズ、『ミニオンズ』シリーズなどハリウッド映画でも活躍している。

名女優ジュディ・デンチと共演した『あなたを抱きしめる日まで』では、製作・脚本をつとめ、ヴェネチア国際映画祭・最優秀脚本賞を受賞している。

一方、相方のふくよかなオリバー・ハーディー役には、アメリカ出身のジョン・C・ライリーを起用。1990年代『ブギーナイツ』『マグノリア』で一躍注目を集め、2002年には映画『シカゴ』にて抜群の歌唱力で話題を呼び、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされた。本作ではその歌声を楽しむこともでき、すでに第76回ゴールデン・グローブ賞に於いて、コメディ/ミュージカル部門の男優賞にノミネートされている。

メガホンを取るのは、ジェームズ・マカヴォイ主演で注目を集めた『フィルス』のジョン・S・ベアード監督。脚本は『あなたを抱きしめる日まで』をスティーヴ・クーガンと共に手掛けたジェフ・ホープが担当する。

【作品情報】

映画『僕たちのラストステージ』
公開時期:2019年4月19日(金)新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
出演:スティーヴ・クーガン、ジョン・C・ライリー
監督:ジョン・S・ベアード
脚本:ジェフ・ホープ


[写真付きで読む]映画『僕たちのラストステージ』2人組コメディアンの“パイオニア”、実話を元にコンビ愛を描く

外部サイト

  • 【2019年】第76回ゴールデングローブ賞受賞結果一覧
  • 無料の野外映画イベント「調布リバーサイトシネマ」が多摩川河川敷で、『ピーターラビット』上映
  • 「夜空と交差する森の映画祭」が栃木・ツインリンクもてぎで、約50本の作品をオールナイト上映