2018年の一般参賀の様子(AFP=時事)

写真拡大 (全4枚)

 2019年1月1日、平成最後の元日を迎えた。退位を控えた天皇にとっては、今年も例年と変わらず、1年で最も忙しい1日である。

 初日の出前の早朝5時半。かかり湯で心身を清めた天皇は、伝統的に天皇にしか着ることが許されない「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」という重い装束を身にまとい、宮中にある神嘉殿の前庭に出られる。

 凍てつくような寒さの中、地面に敷いた畳に座り、皇祖神・天照大神が祀られている伊勢神宮の方向を向いて拝み、次いで東南西北の順に四方の神々に遥拝し、国民国家の安寧と五穀豊穣を祈る。天皇が新年の最初に臨む宮中祭祀「四方拝(しほうはい)」である。

 その後、宮中三殿に祀られる天照大神や八百万の神々、歴代天皇・皇后・皇族の霊に拝礼する「歳旦祭(さいたんさい)」に臨む。宮中三殿には冷暖房がなく床が板敷で非常に寒いため、近年は掌典職が天皇の代わりに礼拝し、天皇は儀式終了まで御所でお慎みになる。

 歳旦祭終了後、御所にて侍従長をはじめ侍従職職員らと「新年祝賀及びお祝酒」を行なったのち、「晴の御膳」に臨む。

「新年を迎えたお祝いと自然の恵みに感謝する儀式で、勝栗や干しナツメなどの木の実や果物、塩や酢などの調味料、鮎白干しなどが出されます。おせち料理のルーツとの説もありますが、陛下は皿に箸を立てるだけで、実際に召し上がることはありません」(皇室ジャーナリストの神田秀一氏)

 実際に天皇が召し上がるのは、「御祝先付の御膳」と呼ばれる料理で、本膳で小串鰤焼き、浅々大根、菱葩(ひしはなびら)というお餅が出て、二の膳で割伊勢海老、福目煮勝栗、雉の胸肉を焼いて熱燗を注いだ雉酒といったメニューが並ぶ。

 朝食を終えると「新年祝賀」と「新年祝賀の儀」で、様々な人から祝賀の挨拶を受けられる。

「首相、衆参両議院の議長、最高裁長官、各国大使らが次々に陛下に祝賀を申し上げます。三権の長らが挨拶する時は、陛下は三段重ねの壇上にいますが、各国大使らと会見される時は壇が取り払われて同じ目線に立たれます。天皇が国民統合の象徴として三権の上に君臨する一方、国の代表である大使とは対等な立場に立つことの表われです」(同前)

 平成25年の記録では、天皇が祝賀を受けた人数は元日だけで計686人に達した。

 夕刻まで続く祝賀の儀が終わると、夕食に日本の伝統的な慶事の食膳「御祝御前」を召し上がって、長い1日が終わる。

 翌2日には皇居で「一般参賀」が行なわれる。退位発表後に行なわれた2018年の一般参賀では早朝から皇居に長蛇の列ができ、平成に入って最多の12万6720人が参賀した。平成最後の一般参賀となる2019年はさらなる人出が見込まれている。

 そもそも正月とはなぜめでたいのか? それは正月が天皇と日本人にとって“生まれ変わる”大切な日であるからだ。

「神道には、繰り返し新しく生まれ変わることで永遠につながる『常若』という考えがあります。新しい1年が始まる正月は、万物の生命が新たに生まれ変わる大切な日。新年を迎えて、天皇を中心として日本人がみな生まれ変わるから、正月はおめでたいのです」(同前)

 平成が終わる2019年は、まさに日本全体が生まれ変わる年になる。その先頭に立たれる天皇の御姿を、じっとこの目に焼きつけたい。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号