【要注意!】熱しやすく冷めやすい“短命カップル”の「イチャラブLINE」とは?

写真拡大

イチャイチャ、ラブラブ……そんな雰囲気が漂うLINEは、一見長続きするカップルらしく見えるもの。
しかし実は、そんなイチャラブLINEこそ短命カップルになりやすいって知ってましたか?
そこで今回は、短命カップルのイチャラブLINEについてご紹介します。

(1)自撮り写真や音声メッセージなどてんこ盛り


『あんなに夢中になって面白スタンプとかなんで送ってたんだろ』(27歳/不動産)

短命カップルのLINEは自撮りや音声メッセージなど、とにかくバラエティー豊富なLINEなのが特徴的。
一見、とても楽しそうに盛り上がっているように見えるもの。
ですがこの盛り上がり、そもそもずっと長く続けるのって実際のところ大変ですよね?

そう、盛り上がりすぎるLINEのやり取りをしていると、さすがに近いうちに疲れてきます。
盛り上がっている分、盛り下がるのもかなり早いんです。
しかも自撮りや音声メッセージなど、自分を見て的な痛いやり取りも多いですよね。
このせいでだんだんお互いに反応するのが面倒になり、関係のマンネリは余計に加速します。

(2)褒めまくり持ち上げまくり


『褒められすぎてお互いに慣れちゃった感はあるね』(25歳/アパレル)

褒めまくり、持ち上げまくりのLINEにも要注意。
愛情表現として相手を褒めることは、確かに欠かせないことです。
ですが限度というものがあることを、忘れてはいけません。

「可愛い」「最高」「かっこいい」「素敵」なんて褒め言葉を毎日のように繰り返していると、もはや響かなくなります。
いつも同じ言葉で、お世辞で言っているのがもはや丸わかりになってしまうもの。
褒め言葉を交わすのも、毎日そこそこにするからこそ気持ち良いやり取りになるんです。

(3)即行既読が付く


『お互いに既読が早くて疲れちゃったのかな……』(30歳/営業)

付き合いたての頃はLINEのやり取りも非常に楽しいものですし、既読は即行でつけてしまいがちです。
そしてそのまま即行で返信……。
このルールが暗黙の了解的に当たり前になっていくと、とても危険です。

そのうち「あ〜疲れてるのに返信しなきゃ……」なんて義務的に即行返信をするようになっていきます。
それが心理的負担になることは明らかですよね。
その負担が、やり取りを余計に飽きさせていきます。

(4)テンションが高すぎる


『テンション高めの内容で最初は楽しかったはずがだんだん疲れてきた』(29歳/広報)

テンションの高すぎにも要注意です。
いつもびっくりマークや絵文字、スタンプを多用するのは、最初こそ盛り上がって良いかもしれません。
ですがそんなテンションが長く続かないことは、冷静に考えてみれば誰にだって明らかに分かることです。

やがて疲れている時にそのテンションを保つことがきつくなってくるでしょう。
その結果どんどん関係が悪くなり、挙句の果てには別れてしまうカップルも少なくありません。

----------

いかがでしたか?
LINEのやり取りで、自分たちを短命カップルにしてしまわないように気をつけましょう。
せっかく付き合った仲ですから、盛り上がりもほどほどにしつつ、長続きを目指したいところですね!

(恋愛jp編集部)