本格的な寒さの訪れとともに、ファッションも冬仕様にシフトしていく頃。冬のスタイリングは重ね着や厚手の素材で防寒対策をするのがマストですが、かといって着膨れして見えてしまうのは避けたいですよね。

今回は、寒さをしのぎつつもスタイルを良く見せるコツをご紹介! 着膨れを恐れずに冬ファッションを楽しみましょう♪

1. ハイウエストボトムで腰位置を高く見せる

類似商品を500ブランドから検索

ブラック×ピンクのカラー使いで、パッと目を引く王道ガーリーコーデに。ピンクのアイテム同士を合わせるときは、カラーの濃淡に差をつけるとしつこくなく仕上がりますよ。

スカートはハイウエストデザインのものを選び、腰の位置を高めに見せると脚長効果も抜群。膨張色のピンクでも引き締まった印象になりますね。

ショート丈のアウターでウエストラインを強調するのもよし、ロング丈のアウターでIラインシルエットを作るのもおすすめです。

2. ワイドパンツでレッグラインをカバー

ふんわりとしたボリューム感が特徴のワイドパンツは、シルエット補正を叶える強い味方! 気になる脚のラインをしっかりと隠して美脚に見せてくれます。

さらにハイウエストデザインなら、トップスをインして着こなしましょう。ウエストのベルトが引き締まった腰回りを強調してくれますよ。

3. ボアコートのインナーを細見えするオールブラックコーデに

可愛らしさ満点のボアコートは今季トレンドのマストアイテム。ですが着膨れが心配で、なかなか手が出せないという人も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、ボアコートの下はオールブラックの着こなしでまとめること! 引き締め効果のあるブラックで全体をほっそり見せれば、ボアコートのボリューム感をうまく中和できますよ。

タイトシルエットのブラックワンピースなら一枚でコーデが決まり、上下の組み合わせに悩むこともありません。

4. スタイルアップの鉄板! ゆる×ピタシルエット

ゆる×ピタシルエットといえば、スタイル抜群な着こなしを作る定番テクニック。ボリューミーなアイテムを一点投入したら、もう一方にはタイトなシルエットのアイテムをチョイスすることです。

こちらのスナップでは、ゆったりとしたデザインニットにタイトスカートを合わせていますね。冬ならではの厚みのあるニットもすっきりとした印象になり、コーデが膨張するのをしっかり回避できています。