思わずフェイドアウト…男子がドン引きする「LINEスタンプ」とは?

写真拡大

LINEでの文面に、より感情を彩って表現してくれるLINEスタンプ。
でもそのLINEスタンプも使い方を間違えると男子をドン引きさせることに。

思わずフェードアウトしたくなるLINEスタンプとはどんなスタンプなのでしょうか。

(1)マニアックなLINEスタンプ


『オタクなのかなって思っちゃう(笑)』(27歳/教師)

マニアックすぎるキャラクターなどのLINEスタンプは残念ながらそれだけでひかれます。
パチンコや競馬などのスタンプも良い印象は与えない。

趣味なのかな…と思われたら最後!ギャンブル好きの女性をあえて好きになる男性はいません。

彼が好きであればこれほどのマイナスアピールはないでしょう。
自分の評価を下げるスタンプは送るべきではありません。

(2)スタンプの送りすぎ要注意!


『メンヘラかな?LINEしたくなくなる』(29歳/医者)

LINEスタンプはそれ単体には何の罪もありません。
LINEの内容に華やかさをプラスしてくれたり、感情が豊かに表現されたり、なくてはならないもの。

でも彼にかまって欲しくて同じようなスタンプをたくさん一気に連投してみたりする女子がいます。

内容のないスタンプを連投されるのは恐ろしすぎます。
スタンプ恐怖症になってしまいそう。
迷惑でしかありません。

(3)らしくないスタンプ


『あれ、この子こんな感じの子だったっけ……?』(31歳/マーケティング)

彼の中でもあなたのイメージというものがあります。
普段の印象とあまりにも違うスタンプであれば違和感が強く残りせっかくの文面も頭に入ってこない可能性があります。

彼に送るスタンプはとびきり可愛いスタンプを送りたいですよね。
でもそのせいで彼に伝えたいことも伝わらなかったらLINEをする意味がありません。

「このスタンプ〇〇らしいな……」と彼が想像膨らませてニンマリしちゃう。
そんなあなたらしいスタンプを送りましょうね。

(4)いい気がしないスタンプ


『気になってる子からバカにしてるようなスタンプきたらムリ……』(26歳/営業)

公式のスタンプからクリエイターズスタンプまで種類が豊富!
選ぶのも大変なくらいたくさんあります。
ノリのいいものから、相手を罵るようなもの、マイナス思考のもの。

間違ってもディスリスタンプを使ってはいけません。
あなたはノリでディスったとしても、彼の心には色濃くそのスタンプの悪い印象が残るのです。

どうせ使うなら相手を褒めるスタンプ!
「すごいね!」「お仕事お疲れ様」などのスタンプを積極的に使いましょう。

スタンプは目立つので視覚に飛び込んできます。
前向きで明るいスタンプを送って彼にも明るい気持ちになってもらいましょう。

----------

絶対に間違ってはいけないスタンプ選び。
彼専用のスタンプを用意しておくというのも手ですね。
スタンプで彼を幻滅させないために、あなたらしい明るいスタンプを送りましょう。

(恋愛jp編集部)