忘年会、新年会は飲みすぎ注意?二日酔いを防ぐ方法をご紹介

写真拡大

年末年始は、忘年会や新年会の多いシーズン。お酒を飲む機会も増えますが、ハメを外して飲みすぎてしまうことのないよう注意したいもの。
今年も残すところあとわずか。みなさんは、お酒で二日酔いに苦しんだことはありますか? 今回の記事では、つい調子にのってお酒を飲みすぎてしまう人のために二日酔いを防ぐ方法をご紹介したいと思います!

牛乳やお米を先に摂取する


牛乳は、胃に膜を作る効果があります。たとえ牛乳じゃなくても、カルアミルクのような牛乳の入ったお酒でも大丈夫です。まずは、胃を守るために牛乳を飲みましょう。牛乳以外であれば、チーズもオススメです。
また、お米のような炭水化物にはアルコールの吸収速度を抑える効果があります。お酒を飲む前に口に入れることで、アルコールによる胃の刺激を和らげることができます。

お酒を飲みながら、合間に水分補給


アルコールが分解された時に生じる「アセトアルデヒド」という有害物質は、吐き気やだるさを引き起こします。しかし、水を飲むことによってアセトアルデヒドが排出しやすい状態にすることができます。また、お水にはアルコールを分解する効果はないものの利尿作用によって脱水症状を防ぐこともできます。
お水は、アルコールを口に入れた分と同じぶんだけ飲むようにしてください。飲みかたは、お酒の合間に飲むようにしましょう。または、お酒を飲む前後に水を飲んでも構いません。摂取しないよりは、二日酔いから体を守ることができるでしょう。もし可能であれば、普段から水を飲むようにしておきましょう。

卵を食べる


卵には、アルコールの大社で生成される毒素を分解するLシステインを含んでいます。お酒を飲む時には、卵焼きなど卵料理を取り入れるようにしましょう。また、空腹でお酒をいきなり飲んでしまうと、アルコールの吸収スピードが速くなります。アルコールの分解が追いつかなくなり、二日酔いの原因を引き起こしてしまいます。
二日酔いを防ぐためにも、お酒を飲む前に卵料理を口にするといいでしょう。ほかには、チーズ、ナッツ、サラダなどもオススメです。

飲み会の後は、シャワーですませてよく寝る


お酒を飲んだ後に湯船にゆっくりつかると、時と場合によっては脱水症状を起こす可能性も……。湯船にゆっくりつかるのではなく、熱めのシャワーですばやく全身を温めるようにしましょう。
また、良質な睡眠はアセトアルデヒドの分解を助けます。良い睡眠をとるためにも、家についてシャワーを浴びたらすぐ眠るようにしましょう。十分な睡眠時間をとることで、二日酔いを防止することができます。

まとめ


年末年始は、忘年会や新年会など楽しいイベントが目白押しですね。つい調子にのってお酒を飲みすぎてしまう人は、二日酔いにならないように気をつけましょう。
お酒を飲むとタバコを吸いたくなる人は多いですが、タバコはニコチン、タールなどの分解をするため肝臓に負担をかけてしまいます。そのため、有害物質アセトアルデヒドの分解に重要なビタミンCを消費してしまいます。
タバコとお酒をセットで楽しみたい気持ちはやまやまですが、極力控えてお水、お米、牛乳、チーズ、ナッツ、サラダ、卵料理などと一緒に楽しむようにしましょう。お酒とお酒の間に水を飲むことも、アルコールの影響を利尿作用によって軽減させる効果があるのでオススメです。
ただ、最も大切なのは自分のお酒の適量を知って楽しむことです。くれぐれも、無理をしてお酒を飲みすぎることのないようにしましょう。みなさんも、二日酔いを事前に防いでおいしくお酒を楽しみましょう。
(みくまゆたん/ライター)