マドリーのMFモドリッチ

写真拡大

バロンドール2018を受賞した、レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチは26日(水)にザグレブで、クロアチアの322名のスポーツ記者が選ぶ年間最優秀アスリートに選ばれたとクロアチアの通信社『Hina』が報じている。 

「これは大きな名誉だ。全ての他のスポーツ選手の成功と努力を祝福する。それぞれの賞に魅力があるが、特に僕らの準優勝(ロシアW杯2018)に感動したよ」とモドリッチはセレモニーの中で表明した。「家族は僕にとって最も重要な存在なため、いつも僕の側にいる。 もちろん、最も難しかった時期もだね。特に家族に感謝している」とレアル・マドリーの選手は続けた。 

クロアチア代表のキャプテンは今回初めて、このクロアチアの最も優秀なアスリートに送られる『Sportske novosti』を受賞した。サッカー選手では、モドリッチより以前に元レアル・マドリーのダヴォール・シューケル、イタリアのユヴェントスに所属するFWマリオ・ マンジュキッチ、そしてFCバルセロナのイヴァン・ラキティッチが受賞している。 

円盤投げのヨーロッパ・チャンピオンであるペルコビッチが、7年連続でクロアチアの年間最優秀女性アスリートに選ばれている。 

最優秀チームとして、サッカーのクロアチア代表チームが選ばれ、今日行われたセレモニーには、クロアチアサッカー協会会長を務めるダヴォール・シューケルと、 代表監督のズラトコ・ダリッチが代表として参加した。 

また、モドリッチは今年、ロシアW杯2018の最優秀選手賞、UEFAの欧州最優秀選手賞、FIFAの最優秀選手賞を受賞している。