【今週の予想】

☆阪神8R 3歳以上500万下(芝1600m)

 ヤマニンペダラーダは、前走直線で進路を探すロスがあり、最速タイの上がりを使って追い込んできたものの、ゴール前で再度進路がなくなり抑えるロスがあり3着まで。着差が着差なだけにもったいない競馬となってしまった。スムーズな競馬さえできれば、十分勝ち負けできる。今度こそ。

◎ヤマニンペダラーダ
○ナンヨープランタン
▲モズダディー(出走取消)
△₁タイセイトレイル
△₂デクレアラー
△₃ミエノウインウイン

買い目
【馬単】6点
◎⇔○▲△₁
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

☆中山11R ホープフルステークス(GI)(芝2000m)

 来年のクラシック戦線を占う意味でも重要な一戦となるホープフルS。昨年からGIへ昇格し、今後ますます重要度が上がっていくレースとなるだろう。今年はサートゥルナーリアで仕方ない。2戦2勝の本馬だが、2戦とも楽に勝っており、奥の深さを感じさせる。特に前走は、直線で鞍上がほんの僅かに促しただけでグンと加速し、馬なりのまま先頭に立ち、内から迫って来る馬が見えるともう一度僅かに鞍上が促すとスッとひと伸びして、2着馬に0秒3差を付ける着差以上に強い競馬。極上の筋肉を持ち、それを活かせる各パーツの連動性。どれをとっても一級品。ゆったりとしたフォームで走るため、距離も問題ないだろう。本気を出したらどれだけの走りをするのか楽しみでならない。相手本線は重賞2勝のニシノデイジー。本命馬とは対照的に近2走はクビ差、ハナ差と接戦をものにしての重賞連勝と、接戦をものにしている強みがある。また、先日の有馬記念でハービンジャー産駒のブラストワンピースが勝利したように、今の馬場は本馬に向きそうだ。▲はキングリスティア。以下、ミッキーブラック、ブレイキングドーン、アドマイヤジャスタまで。

◎(5)サートゥルナーリア
○(1)ニシノデイジー
▲(3)キングリスティア
△(7)ミッキーブラック
△(2)ブレイキングドーン
△(8)アドマイヤジャスタ

買い目
【馬単】5点
(5)→(1)(2)(3)(7)(8)
【3連複1頭軸流し】10点
(5)-(1)(2)(3)(7)(8)
【3連単フォーメーション】12点
(5)→(1)(3)(7)→(1)(2)(3)(7)(8)

☆阪神11R ベテルギウスステークス(ダート1800m)

 ジュンヴァルカンを見直す。前走は終始大外を回る競馬で、あれだけロスが多いと如何に能力が高くても勝つのは難しいと言わざるを得ない。飛びが大きな馬なだけに、小回りの小倉や福島よりも広い阪神に舞台が替わるのはプラス。4走前のような競馬ができれば突き抜けてもおかしくない。

◎(2)ジュンヴァルカン
○(15)ピオネロ
▲(13)マイネルバサラ
△(16)コスモカナディアン
△(5)エテルナミノル
△(3)ジョルジュサンク

買い目
【馬単】6点
(2)→(3)(5)(13)(15)(16)
(15)→(2)
【3連複1頭軸流し】10点
(2)-(3)(5)(13)(15)(16)
【3連単フォーメーション】20点
(2)→(13)(15)(16)→(3)(5)(13)(15)(16)
(13)(15)→(2)→(3)(5)(13)(15)(16)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。