「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」東京都庭園美術館で、ヴォーグなどファッション誌をコラージュ

写真拡大

展覧会「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」が、目黒の東京都庭園美術館で、2019年1月26日(土)から4月7日(日)まで開催される。

岡上淑子のフォトコラージュ作品、国内外の美術館から集結

岡上淑子は、日本のシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造に見出され、写真媒体を活用したフォトコラージュ作品を制作した作家。シュルレアリスムの画家であるマックス・エルンストから影響を受け、表現の幅を広げていった。

「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」では、国内外の美術館に所蔵されている作品が集結。中でも、海外で最も多くのコレクションを有する米・ヒューストン美術館からは、12点のコラージュ作品が美術館収蔵後初めて来日する。

『ヴォーグ』『ハーパーズ バザー』を素材に制作

1950年から56年までの、限られた期間に生み出された岡上淑子のコラージュ作品は、戦後連合国軍の置き土産として国内にあった、海外のグラフ雑誌や、『ヴォーグ』『ハーパーズ バザー』といったファッション誌を素材に作られている。戦後復興期の時代を写し出した報道写真による背景と、当時最先端のモードがコントラストを描きながら、独特の美的な世界観を見せている。

着想源となった50年代ファッション - ディオールやバレンシアガのドレスも紹介

元々東京で洋裁を学んでいた岡上淑子は、時代のモードからインスピレーションを得て作品を制作。国内のファッション雑誌や、ヨーロッパの最新ファッションを紹介した輸入雑誌をコラージュして作られた作品には、当時の最先端であった“ニュールック”の世界が反映されている。

オートクチュールが隆盛していた1950年代のファッション業界には、ディオール(Dior)、バレンシアガ(BALENCIAGA)、ジバンシィ(Givenchy)など一流のデザイナーが登場し、優雅で華やかな時代を築いていた。「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」では、岡上淑子の作品の着想源となったファッションにも焦点を当て、同時代に制作されたディオールやバレンシアガのドレス4点を参考展示する。

詳細

岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟
会期:2019年1月26日(土)〜4月7日(日)
会場:東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー1)
住所:東京都港区白金台5-21-9
TEL:ハローダイヤル 03-5777-8600
休館日:第2・第4水曜日(2月13日、2月27日、3月13日、3月27日)
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
※3月29日(金)、3月30日(土)、4月5日(金)、4月6日(土)は、夜間開館20:00まで開館(入館は19:30まで)
観覧料:一般 900(720)円、大学生(専修・各種専門学校含む) 720(570)円、中学生・高校生・65歳以上 450(360)円
※( )内は前売・団体料金
※前売券は、イープラスにて販売。
※団体は20名以上。
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者とその介護者1名は無料。
※教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上無料。


[写真付きで読む]「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」東京都庭園美術館で、ヴォーグなどファッション誌をコラージュ

外部サイト

  • 「竹久夢二 美人画展 ―わたし美人?―」竹久夢二美術館で、美人画の変遷を辿る作品・資料約200点
  • クリスチャン・ボルタンスキー日本初の大回顧展、大阪・東京・長崎で - 写真や衣服で“記憶”を表現
  • 「クリムト展」 東京・愛知で開催 -《ユディトI》など過去最大級、20点以上の油彩画