名古屋駅から徒歩約5分、地下街で名古屋駅と繋がるシンフォニー豊田ビル

写真拡大

発展著しい名駅地区にて、2016年に誕生した三井ガーデンホテル名古屋プレミア。シンフォニー豊田ビルの19〜25階で295室のキャパシティを誇る。名古屋の街並みを一望できる「天空のプレミア」をコンセプトに、ハイクラスなおもてなしを実現。名古屋駅から徒歩約5分の好アクセスも魅力だ。

【写真を見る】なごやめしも味わえる朝食ブッフェ

■ 地元出身アーティストが手がけたアート空間にも注目!

ホテル内の随所に、国内外のハイエンドホテル・レストラン・ブティックでアートデザイン・製作を手掛ける、愛知県常滑市発の「STUDIO SAWADA DESIGN」のアートがずらり。名古屋の煌びやかなイメージを連想させるアートが、ラグジュアリー感をプラスする。

19階〜25階にある客室は、開口部を広く取り、眺望が最大限楽しめるレイアウト。一部客室からは名古屋城天守閣を眺めることができるほか、ビューバスを備えたコーナールームなど、名古屋の街並みを眺めるホテルステイが最大の魅力だ。

■ 絶景とともに名古屋の味を楽しめるレストラン・バー

「The Living Room with SKY BAR」は18階にあるレストラン・バー。朝食からバー利用まで幅広いニーズに応える食事空間。刻一刻と姿を変える名古屋の街並みを楽しみながら、お腹も心も満たすことができるスポットだ。

ランチやディナーは、旬の食材を取り入れたモダンオリエンタル料理がウリ。多種多彩なスパイスを使って素材の旨みを引き出すメニューを展開する。メイン料理に加えて野菜サラダ、前菜ブッフェ、ドリンクブッフェがつくランチも人気だ。

■ 名古屋の味覚をふんだんに使用!好評の朝食ブッフェ

「楽しみになる朝食」をコンセプトにした朝食ブッフェは、愛知ならではの食材と郷土の味、全国各地の厳選素材をかけあわせた、60種類以上のメニューを取り揃える。どて煮やきしめんなどの定番なごやめしも楽しめる。

また、地元で採れた新鮮野菜、スクランブルエッグにはブランド鶏・名古屋コーチンの卵を使用。豊田市ふじおかの養蜂家「いわた」の天然アカシアはちみつなど、「メイド・イン・愛知」の素材にもこだわっている。

愛知の恵みをたっぷりと使った朝食ブッフェは大人気。選ぶ楽しみ、味わう楽しみの両方を感じながら、さわやかな1日のスタートを最高の形で切ってみよう。(東海ウォーカー・山田晃裕)