「地獄の苦しみだった」と乙武洋匡氏 障害者が抱える性の問題

ざっくり言うと

  • 24日の「AbemaPrime」は、障害者が抱える性の問題について取り上げた
  • 乙武洋匡氏は、10代のころは数週間に一度「気づくと夢精していた」と告白
  • 母親は無言で下着を洗濯してくれていたが、「地獄の苦しみ」だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング