アイドルユニット「アイドリング!!!」の結成メンバーで(2015年10月卒業)、現在は『めざましテレビ』(フジテレビ系)のリポーターや『競馬予想TV!』(CS・フジテレビONE)のアシスタント(2014年9月〜)をはじめ、『競馬血統研究所』(同前、2015年7月〜)、フジテレビ系列の競馬中継、『サンスポZBAT!競馬』のイメージキャラクターを務めるなど、競馬方面にも活躍の場を広げる横山ルリカさん。

 自身5年目の競馬シーズンも終わりを迎えるのにあたり、2018年の「ルリカ的名レース」「ルリカ的名馬」「ルリカ的競馬事件簿」を挙げてもらった。


9月の芦屋川特別でJRA通算4000勝を達成した武豊 photo by Yamane Eiichi /AFLO

 武豊騎手が「前人未到のJRA通算4000勝」という大偉業を達成された競馬界の記念すべき1年でしたが、馬に関してはとにかく、「常識が覆る1年」だったと思います。

 とくに印象的だったのは「何十年ぶりのV」。安田記念でモズアスコットが20年ぶりに連闘馬としてGIを制覇した時には「このローテーションでこんなに強い競馬ができちゃうんだ!」と感動しました。また、フィエールマンが関東馬として17年ぶりに菊花賞を制した時には、「えー、関東馬ってそんなに勝てていなかったんだ〜!?」と驚きました。

 3歳馬の活躍が目立った年でもありましたね。チャンピオンズCでルヴァンスレーヴが12年ぶりの3歳馬Vを果たし、関屋記念ではプリモシーンが31年ぶりに3歳牝馬のV、新潟記念ではブラストワンピースが35年ぶりに3歳馬のV。極めつけは”3冠牝馬”となったアーモンドアイですね。

 ルメール騎手の活躍も素晴らしかったです。力のある馬に乗れるというのも、それだけの成績を残して信頼されているからこそ。奥様と一緒に日本語学校に通われているというお話にも、「何事にもストイックで努力家なんだな〜」と感服しました。

 全体的な総括はこんな感じですが、さらに個人的な視点で、この1年を振り返ってみようと思います。

■ルリカ的名レース2018ベスト3

【天皇賞・春】

 レインボーラインは牡馬としては小柄ですが、もともとハマったときの破壊力が驚異的でした。まれに見る極悪馬場で行なわれた昨年の天皇賞・秋でも、「レインボーアンバーの血」が覚醒し人気薄ながら3着に好走。「道悪なら怖い存在」というイメージがあったのですが、その強さは道悪にとどまることなく、ぐんぐん成長し今年3月の阪神大賞典でも「おぉぉ〜!」と唸るほどの鮮やかな勝ち方でした。

 そして迎えた今年の天皇賞・春は鳥肌モノでした。最後の直線に入るところで、普通なら外に持ち出すところを一瞬空いた隙で内を突き、さらに内を突いてという進路取り。そのコースを選んだ岩田康誠騎手もさすがでしたが、それに反応したレインボーラインの走りは、まさに”魂の走り”でした。

 まだ5歳馬で、やっと充実期を迎え、これからどんな走りを魅せてくれるのかという期待に溢れた馬でしたが……ゴール時に発症したケガの影響で、天皇賞・春が最初で最後のGI勝利となってしまったことは本当に残念でなりません。でも、無事に種牡馬になれたという記事をニュースで見て、今はレインボーラインの子どもたちが見られる日を楽しみにしています。

【開成山特別】

「史上最強の障害馬」と呼ばれるオジュウチョウサンが、平地に戻ってきた開成山特別は忘れられません。福島競馬場がすごい数の人で溢れ、500万下のレースがGIのレースに思えるくらい競馬場の空気を変えてしまった馬は、この先もなかなか出てこないんじゃないかと思います。

 ゲートが開いた瞬間から、「出たー!」と大歓声だったんですよ(笑)。最後もオジュウチョウサンが抜け出したところで、ものすごい拍手が起きました。

 4コーナーを回ってくるときのオジュウチョウサンが、闘牛みたいに迫力があったのも印象的でした(笑)。それを生で見られたのも、イベントに呼んでくださったグリーンチャンネルさんのおかげです(笑)。

【ジャパンカップ】

 ジャパンカップでは、3歳牝馬のアーモンドアイが古馬の一線級の牡馬相手に「こんなレースをされたら誰も勝てない」という強さを見せつけてくれました。

 馬だから年齢による差がわかりにくいですが、人間に置き換えたら、成年男性たちの中に女子高生がひとり混ざっているようなものですからね(笑)。「1枠1番だったのが有利だった」とも言われていますけど、スタート次第では不利にもなる枠で、「決めるときに決める」のが名馬の強さ、すごさだと感じました。

 細江純子さんから「1枠1番に入ったことで最終馬の14番ウインテンダネスとの間隔を十分に取ることができ、パドックで牡馬に挟まれず、気分よく周回できたとが勝利につながったのではないか」というお話を聞いて、なるほどと思いました。レースでも、もっと後ろにいるのかと思ったら、先行するキセキをしっかり見る位置だったので「そこいるの!?」と声が出ちゃいました。あんな位置で競馬をされたら、後ろの馬にはチャンスがないですし、「弱点ないでしょ!」と思い知らされる強さでしたね。

■ルリカ的名馬2018ベスト3

 3頭のうち2頭はオジュウチョウサンとアーモンドアイなので割愛しますが、もう1頭は3歳牝馬のラブカンプーです!


短距離のレースで活躍したラブカンプー photo by Ito Yasuo/AFLO

 ラブカンプーちゃんは「本当にすごい!」と思いました。小柄な牝馬で、今年だけで9つもレースを使っているにも関わらず、馬体を減らさずにいい結果を出し続けられるんですからね。

 ハイペースで先行して粘るレーススタイルで、根性がすごいところが同じ女として憧れるし応援したくなるんです。「使い詰め」「雨や坂は不利」「相手強化でどうか?」など、いろいろ言われながらも、雨だろうが坂だろうが、セントウルSもスプリンターズSも好走して、終わってみれば芝1200mの重賞で4着以下がないってすごいですよね。GI馬ではないんですが、今年の”特別賞”を直接表彰したいぐらいです!

■ルリカ的競馬事件簿

 これは2つあって、まずひとつは、鈴木淑子さんや細江純子さんとご一緒させていただいたロジータ記念(川崎)の当日のトークショーで、司会を務めさせていただいたことです。ものすごく緊張してしまって、当日はもうガクブルでした(笑)。

 おふた方とも競馬界の大先輩! テレビや雑誌でご活躍を拝見して、一緒にお仕事をさせていただく中で、競走馬や騎手、調教師の先生、馬主さんといった関係者に対するリスペクトや、競馬の素晴らしさを伝える力、聡明さに憧れて、「いつかおふたりのような女性になりたい」と思っていました。それがまさか、私が司会としておふたりに話を振る立場になるなんて。お話をいただいたときは何かの間違いじゃないかと思い、「私がふたりに話を聞くんですか?!」と思わず聞いてしまったほどでした(笑)。

 トークショーはジャパンCが行なわれた3日後の11月28日だったので、控え室でもロジータ記念のことだけでなく、(2005年のジャパンCを制した)アルカセットやオグリキャップの貴重なお話を淑子さんから伺うことができました。細江さんは元ジョッキーで、トラックマンの方とは違う視点で馬のことをよく知られていると思いますが、ノートにビッシリといろんな馬について書かれていて。「こんなに馬のことをわかっている方でもここまでするんだ」と、さらに尊敬し大好きになりました。幸せと極度の緊張が入り混じった、まさに私にとっての大事件でした。


2018年の競馬を振り返ってくれた横山ルリカさん

 もうひとつは、私の名前をつけていただいた3歳牝馬、サトノルーリーです。

「自分のニックネームをつけてもらったから、名前に『サトノ』がつく馬を推してる」と誤解されている方が多いのですが、「いやいや順序が逆だから」って感じです(笑)。

 競馬を見始めた頃、新馬戦でサトノダイヤモンドと出会い、そこからサトノダイヤモンドの大ファンになったのですが、『競馬血統研究所』という番組で2016年のセレクトセールを取材した時、里見治オーナーにインタビューさせていただく機会がありました。

 そこで、番組でご一緒させていただいている芸人さんのビタミンSのお兄ちゃんが、「この子はサトノダイヤモンドの大ファンなんです」と里見オーナーに紹介してくださって。そこまではいいんですが、「これも何かのご縁なので、今日のセリで買った牝馬に『サトノルーリー』という名前をつけていただけないですか?」と、オーナーに直談判!

 夢にも思っていなかった展開に、びっくりどころか恐縮すぎて「お兄ちゃーん(汗)。こんなに無名のタレントの名前をつけてとか絶対に無理だから(泣)」って感じでした。

 里見オーナーは懐の深い方なので、笑顔で「考えておきます」と返していだきましたが、お忙しい方なので、どこの誰だかわからないような初対面の私のことなんて覚えてくださっているとは思ってもいませんでした。

 その秋にサトノダイヤモンドが菊花賞を勝ったあと、番組でお祝いに伺った際に、「(サトノ)ノブレスの妹に『ルーリー』と名付けることに決めました」とおっしゃっていただいたんです。サトノダイヤモンドがGIを勝っただけでも大号泣モノだったのに、心臓が止まるくらいびっくりして感激でボロ泣きでした(笑)。

 サトノルーリーは、夜中に馬房の窓からキツネの姿が見えただけでビックリしてご飯を食べられなくなるくらい繊細な子で。それでも育成牧場のノーザンファームの方は、能力は高く、抜群のキレがあると評価してくださっていました。ゲートを出遅れたり、他の馬を怖がったり、競走馬としての課題をひとつずつクリアしながら少しずつ成長していたルーリーちゃんでしたが、とにかく馬体が増えずスタッフの方も試行錯誤されていたと聞いています。

「芝1200mで先行させる」という適性が見つかり、ようやくこれからという頃に3歳未勝利戦が終わってしまいました。未知の能力に賭けて阪神のダート1200m(出走資格を限定した”スーパー未勝利戦”)にも出ましたが、それが最後のレース(16着)になりました。

 サトノルーリーは勝つことができないまま引退しましたが、ルーリーちゃんをデビュー戦からずっと追い続けてみて、未勝利を脱することが、いかに難しいことなのかを初めて痛感しました。勝てなかったことは残念でしたけど、競馬に携わる方々の大変さ、GIをはじめ重賞レースに出ている馬のすごさなど、サトノルーリーとの出会いから多くのことを学ぶことができました。ルーリーちゃんが無事に繁殖牝馬になったので、これからも血統のドラマを楽しませてもらえたらなと期待しています。 これまでも、さまざまなご縁に感謝する場面は多かったですが、トークショーやサトノルーリーの件も、いろんなご縁や出会いがあってのものでした。来年もその先も、ひとつひとつのご縁を大事に競馬と向き合い、楽しみたいと思います。