クリスチャン・ボルタンスキー日本初の大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で“記憶”を表現

写真拡大

展覧会「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」が、2019年6月12日(水)から2019年9月2日(月)まで、東京・国立新美術館で開催。そのあと、2019年10月18日(金)から2020年1月5日(日)まで長崎県美術館に巡回する。

クリスチャン・ボルタンスキー、日本初の大回顧展

本展は、ボルタンスキーの50年に渡る活動の全貌を紹介する、日本では過去最大規模の回顧展。会場には、初期から最新のものまで約46点もの作品を展示。「展覧会をひとつの作品のように見せる」と語るボルタンスキー自身がそれら個々の作品を組み合わせ、展覧会場に合わせた1つの大きなインスタレーションとして構成した。

写真・衣服などを使った“記憶”にまつわる作品

ボルタンスキーの創作活動は、短編フィルムの制作に始まる。後に人が歩んできた歴史や文化人類学への関心を土台とし、写真やドキュメント、ビスケット缶などの日用品を組み合わせることで、自己あるいは他者の記憶に関連する作品を多数制作するようになる。

子どもの肖像写真と電球を祭壇のように組み合わせて展示した「モニュメント」シリーズでは、宗教的なテーマに取り組んだ。それを発展させた《シャス高校の祭壇》(1987年)は、1931年にウィーンの高校に在籍したユダヤ人の学生たちの顔写真を祭壇状に並べ、その写真を電球で照らすインスタレーション。

肖像写真を集めて展示する手法は、見る者に大量の死者の存在を連想させる。実際に、作品がナチス・ドイツによるユダヤ人の大虐殺とその犠牲者のイメージを想起させるものとして解釈され、大きな議論を呼んだ。

古着で壁を埋め尽くした《保存室(カナダ)》は、存在が消えてしまうこと、そしてその記憶を留めることの必要性を示した作品。床から天井まで隙間なく衣服を吊り下げることで、今は不在となった人間の存在を浮かび上がらせた。

国際的な芸術祭に出展

ボルタンスキーは、1970年代からドイツ・カッセルのドクメンタやヴェネチア・ビエンナーレなどの現代美術国際展に招待されるなど、世界的に活躍。日本でも、1990〜91年にICA 名古屋と水戸芸術館で初個展を開催した後、越後妻有アートトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭などで展覧会を開催。2016年にも、東京都庭園美術館で個展が開催されている。

詳細

【詳細】
クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime
会期:2019年6月12日(水)〜9月2日(月) ※毎週火曜日休館
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
開館時間:10:00〜18:00
※毎週金・土曜日は、6月は20:00まで、7・8月は21:00まで
※入場は閉館の30分前まで
観覧料:
・当日
一般 1,600円(税込)、大学生 1,200円(税込)、高校生 800円(税込)
・前売/団体
一般 1,400円、大学生 1,000円(税込)、高校生 600円(税込)
※中学生以下は入場無料
※障害者手帳を持参の人(付添者1名含む)は入場無料
※8月10日(土)〜8月12日(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
※前売券は2019年3月16日(土)〜6月11日(火)までの販売。ただし、国立新美術館では6月10日(月)まで
※チケットの取扱いは、国立新美術館(開館日のみ)、展覧会ホームページ、チケットぴあ(Pコード:769-630)
※チケット購入に手数料がかかる場合あり

■長崎巡回情報
期間:2019年10月18日(金)〜2020年1月5日(日)
場所:長崎県美術館
住所:長崎県長崎市出島町2−1

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
[写真付きで読む]クリスチャン・ボルタンスキー日本初の大回顧展が東京・長崎で、写真や衣服で“記憶”を表現

外部サイト

  • 「六本木アートナイト2019」バルーン彫刻《フルーツ・ツリー》や街中を移動する巨大"レッドボール"
  • ブリヂストン美術館がリニューアルで「アーティゾン美術館」に、新芸術・文化拠点「京橋彩区」内に誕生
  • 高畑勲の初回顧展、東京国立近代美術館で開催 - ハイジや火垂るの墓などアニメ作品とともに功績を辿る