『事故物件アワード2018』は「4人が集団自殺した北九州の部屋」大島てる&松原タニシが今年を代表する事故物件を選出

写真拡大

 事故物件公示サイト「大島てる」管理人の大島てる氏(@Oshimaland)と、事故物件住みます芸人の松原タニシ氏(@tanishisuki)がMCを務めるニコニコ生放送「事故物件ラボ」。

 12月の放送回のゲストには、怪談ライブバースリラーナイト専属語り部の匠平氏(@1shouhei1)、稲川淳二氏のモノマネでおなじみの芸人BBゴロー氏(@BeeBeeGoRo)が登場しました。

 2018年最後の放送となった今回、今年最も印象に残った事故物件を決める「事故物件アワード2018」を開催!

 「集団練炭自殺の物件」「治安がいいのに自殺他殺が頻発するエリア」「タイで包丁女に遭遇」など、大島氏と松原氏が2018年を代表する事故物件をプレゼンし、視聴者が投票。さまざまなノミネート物件の中から2018年の大賞に輝いたのはどの物件でしょうか。

左から大島てる氏、 松原タニシ氏、 匠平氏、 BBゴロー氏。
12月の放送ということで、出演者はクリスマスの帽子や衣装で番組に登場した

―あわせて読みたい―

・『事故物件アワード2017』1位は“あのアパート”『大島てる』管理人が「圧倒的に1位」と語る事故物件とは

・何の因果関係もない自殺・他殺が何件も…実在する“事故物件多発エリア”の紹介がエグすぎる。松原タニシ「この一帯、全部それぞれ違う死に方」

・“殺人アパート”に残された生々しすぎる痕跡を事故物件住みます芸人が写真でご紹介「明らかに新しい畳なので…めくったら案の定、血痕ですよね」

No.1 江戸川区 一軒家にて5人が練炭で集団自殺

松原:
 「事故物件アワード2018」のルールとしましては、(大島)てるさんと僕がそれぞれノミネートした物件の中からアンケートをとってそれぞれの1位を決めます。そして、てるさんの1位と僕の1位で最後に決選投票をします。

大島てる:
 はい。私が事故物件を選ぶにあたって、今年はテーマがありまして、亡くなった方が多めの事件事故というのが目立った年でした。もちろんまだ12月半ばですから、残り2週間の間にもう一件ぐらい起きても全く不思議ではないんですけれども。

 5、6人くらいの犠牲者が出てしまったような事件や事故というのが相次ぎまして、それを説明していきたいと思います。

 まずは時系列で言っていきますと、東京都江戸川区の物件なんですけれども、今年の7月に集団自殺がありまして、一軒家なんですけれども5人亡くなっています。

(画像は大島てる事故物件公示サイトより)

松原:
 はいはい。

匠平:
 ありましたね。

大島てる:
 確か練炭自殺だったと思うんですけれども、おふたりとも「ありましたね」という程度だったのは、それはやっぱり「みんなで死のう」ということで特に誰かが殺されたというわけでもありませんし、あいにく中にその有名な方が混ざっていたとか子供が混ざっていたとかそういうこともないので、何か大きな事件や事故が起きてしまうとあっという間にかき消されてしまうということ。

松原:
 殺されただけでもなく、特徴的なことがなければすぐに話題性がなくなっていくんですね。

大島てる:
 そうですね。どうも聞くところによれば、集団自殺のリーダーの方が最後に「大島てる」サイトを見ながら自殺を決行したと聞いたんですけれども、私は裏が取れないですので本当かどうかわかりません。

松原:
 どういうことですか。

匠平:
 書き込んでから?

大島てる:
 いや、それはないと思うんですけれども、「見ながらいろいろな思いがよぎったのかな」という話を正確な情報を提供してくださる方から言われたんですけれども、私自身は確認できませんでした。

松原:
 このあと自分たちの事件が火の玉マーク【※】におさめられるのかなということを想像されたんですかね。

※火の玉マーク
サイト「大島てる」内で使用されている事件・事故の現場を示すアイコン。

No.2 福島県 火事で子供を含む一家7人が死亡

大島てる:
 続いて、11月に福島県のあるところで火事がありまして、これは子供さんが亡くなってしまったということもあって、それなりに大きく報道されたかなと思います。先月だということもあって覚えられているかなと思うんですけれど、ご存知ですか?

(画像は大島てる事故物件公示サイトより)

匠平:
 ちょっとわからないですけれども。

大島てる:
 7人が火事で亡くなってしまいました。火事はそれなりに大きく報道されるんです。なぜかと言いますと、他所の家に燃え移ってしまうかもしれませんし、ちゃんと鎮火したあとも視聴者が自分も同じ目に遭ってしまうかもしれないという注意喚起も含めて、気をつけましょうということでそれなりに報道はされます。

 残念ながら子供さんも含めて亡くなってしまった痛ましい事故ということもあって、それなりに大きく報道されたんですけれども、火事は自殺と違って誰でも起こしかねない、放火でもなく焼身自殺でもないわけですから。みなさん気をつけましょうという意味合いを込めて大きく報道されますね。

 誰かが火をつけて逃げ回っているとかそういうわけではないので、一段落してしまうと流れてしまいました。

No.3 宮崎県 次男が親族・知人を殺害後に自殺

大島てる:
 続いてはそこから一週間も経たないうちに、宮崎県高千穂町で殺人事件がありましたね。これは殺人なので大きく報道されましたし、聞いたことがあるという方も多いんじゃないのかと思うんですけれども。

(画像は大島てる事故物件公示サイトより)

松原:
  これも「大島てる」に載っているんですか?

大島てる:
 はい。私自身はこれに関しては現場に行っていません。こちらも事故物件になりたてで、6人が亡くなっています。犯人は他の場所で自殺しているわけですけれども、誰が犯人だかわからないまま逃げ回っているということであれば未だに連日報道していたと思うんですけれども、あっさり犯人が自殺したということで断定されたので一安心ということで、一件落着してしまいました。

 家族の中での事件ですから、関係ない我々が殺される可能性はないんだなということになっちゃいますので、そういうことでも安心になってしまうということなんです。

 事故物件は大きくわけて「殺人」「自殺」「火事」「孤独死」でその他にもありますけれども、この4つのカテゴリでだいたい説明できるわけです。孤独死に関しては「事故物件じゃない」と言い張る人もいるのですが、もちろん事故物件です。

 7月に東京で5人亡くなった自殺、11月に福島で7人亡くなった火事、同じく11月に宮崎で6人亡くなった殺人事件。当然集団孤独死なんてありえないわけですから、この3つのカテゴリの事故物件でそれぞれが5、6人が亡くなってしまう、しかも同じ家の中でですよ。

 この家で殺された、さらに隣の部屋でも殺されたみたいな怪談めいた事件とは違って、一軒の家でみんな死んじゃったと。確か、助かっている方があまりいない。たとえばひとりだけ殺されずにすんだみたいな方はいないというような、そういう特徴がある事件や事故が続いた年だったと。

匠平:
 生き残りが出ないんですね。

大島てる:
 その場にいなかった人とかは生きているはずなんですけれども。

No.4 北九州 治安はいいのに自殺・殺人が頻発するエリア

大島てる:
 9月に福岡県の北九州で集団の練炭自殺があり、4人亡くなりました。

 たとえばみんなで首吊り自殺するとだいたいひとりぐらい失敗しますが、練炭だからみんな死んじゃったということになるので、そこに因縁めいたものを見出すことは難しいんですけれども、よくある話ということです。

 私的にはここをアワードに選んでほしいなという物件であるわけなんですよ。

(画像は大島てる事故物件公示サイトより)

匠平:
 言っちゃダメですよ(笑)。

松原:
 アワードという体でやっているんですから。ノミネートが平等というか、みんなに選んでもらうというか(笑)。

大島てる:
 でも私も一票ありますから(笑)。

匠平:
 とんでもない我の強さを出してきました(笑)。

一同:
 (笑)

大島てる:
 それで、こちらのマンションの一室で練炭自殺があったと。なぜここがすごいのかというのを説明したいと思います。私がこのサイトを運営して以来、全国で一番ひどい事故物件が北九州にあるというような話を繰り返ししてきたんですよ。

 (今回ノミネートされた事故物件は)その物件のすぐ近くなんですよ。しかも私が「史上最強の事故物件だ」と言ってきた物件というのは、その前提として周辺の治安がいいということがあったわけですね。

 ご存知ない方のために説明すると、10階建てのマンションが北九州にありまして、そこの一室です。昔、3階の一室で焼身自殺がありまして、周辺の方はちょっと火事があったぐらいにしか思ってないんですけれども、自分で火をつけた自殺です。

 真上の階にお住まいの方からすれば、前の住人が死んじゃった物件であるということをわかった上で「安いからラッキー」ということで購入し、一軒家の1階と2階というように、下のフロアと自分のフロアを床をぶち抜いて階段を作ってデュープレックス【※】として使っていたわけです。

※デュープレックス
部屋の中で上下2階になっている構造。

 「事故物件なんか平気だ」と数年住んでいたんですけれど、結局はその買った方もあとになって自殺をしてしまいました。どこが現場だったかというと、上のフロアと下のフロアをつなぐ階段の手すりを使っての首吊り自殺でした。階段というのは下のフロアにあるわけです。上のフロアは穴が空いてるだけですから。

 結局、同じ現場で期間をあけてふたり亡くなったと。でもマンションで人が死にまくっているわけでもないし、このエリア全体が物騒なわけでもない。歌舞伎町みたいなエリアだったら、1部屋で誰かふたりが亡くなっていても、そんなの当たり前じゃないかと。

 前提として治安のいいエリアの治安のいいマンションで、なぜか1部屋だけふたり亡くなっていますという話をしてたんですが、実はそれは私の勘違いで、そこから目と鼻の先に3人死んでいるマンションがあったりとか。

 また、そこからさらに同じぐらいの距離で、今年の5月にテレビを置く台の引き出しに子供が勝手に入って死んじゃったということを父親が主張した事件がありました。もちろんそんなのは嘘で、押し込んで殺したということだったわけです。

 このエリアは人が死にまくっているし、ふたりも死んじゃうような部屋があっても不思議じゃないかと思っていた矢先に、4人集団自殺してしまうということが9月に起きたので、地域全体で見るとかなり亡くなっています。事故物件の数はこの炎のアイコンの数なんですけれど、亡くなっているのはそれぞれひとりではなくて3人亡くなっていたり、ふたり亡くなっていたり。

松原:
 火の玉の数って、人が死んだ数じゃないですもんね。

大島てる:
 物件の数です。

松原:
 でもふたり以上が亡くなっている物件がそんなにあるとは。

大島てる:
 そうなんですよ。新幹線の駅からもめちゃめちゃ近い。駅前なんですけれども繁華街でもなく住宅街なんですよ。

BBゴロー:
 北九州って、場所がアレなんですかね。事件が結構多いじゃないですか。

大島てる:
 そうですね。ただの九州北部という意味ではなく、本当に北九州市の特定のエリアというわけで、当然集団自殺した4人も、そのエリアを知っていたはずなので。わざわざ炎のアイコンを増やすようなことをしちゃった。そういうことで4人なんですけれど、私としてはこの物件が一押しです。 

松原:
 コメントでも「あの事件か」って言っていた方が多かったと思うんですけれども、僕もあのことかな? と思ったら違ったんですけれども、いわゆる連続殺人事件があった場所とは関係ないんですか。

大島てる:
 あれも北九州市なんですけれども、徒歩圏内ではないですね。あとちょっと古いです。今紹介したのはかなりインターバルが短い最近の話なんですね。

松原:
 九州地方の「大島てる」をクリックすると、変わった亡くなり方が多いですね。

匠平:
 僕もミイラとか白骨とかが多いイメージです。

松原:
 以上の4つがてるさんがノミネートした2018年の事故物件です。こちらをアンケートをとります。てるさんが紹介したノミネート事故物件の中から、まず1位を決めます。

 やっぱり北九州。

大島てる:
 ありがとうございます。

松原:
 てるさんの方は北九州の物件をノミネートとして送り出すということですね。

No.5 富岡八幡宮 宮司の姉を弟が殺害

松原:
 続きましては松原タニシのノミネート物件を紹介させていただきます。この赤い鳥居、大きい神社。これは2017年の事件になるんですかね。富岡八幡宮です。宮司であるお姉さんを弟が惨殺して、そのあと弟も自害したという事件です。

 すごい立派な神社で、事件があったあとも閑散としているのかなと思ったんですけれども、地元の方が参拝されていたりとか、参拝客の方もおられました。

 駐車場側に行きまして柵があるんですけれども、向こう側に一軒家が見えますよね。これが殺害されてしまった宮司の女性の住居ですね。この家の前で亡くなられたっていうことですね。

大島てる:
 全部が敷地なのでここから入られないんですよね。

松原:
 神社の真裏にこんなに広い豪邸があるというのが。いろいろ覇権争いというか身内のゴタゴタなんでしょうけれども弟さんが襲撃に行ったという事件でございました。

 この橋は運転手さんが斬られた場所でしたっけ。

大島てる:
 そうですね。割合屋敷が敷地の端っこにあるもんですから、川のほうからだとすぐ撮れるということで、こっちに行きました。

松原:
 でも正月に行ったときは、白いビニールシートで見えないようにされていました。ギリギリ見られたタイミングだったんだなと。

No.6 部屋の床にヒト一人分のシミが……

松原:
 続きましてこちら。西谷格さんといいましてルポライターの方なんですけれども、中国に潜入取材して中国の日本料理店でアルバイトをして、どれだけ衛生管理が行き届いてるのかとかを実際に働いてみて検証したりするんです。 

西谷格氏(左)と松原氏。

 潜入取材をされていて面白い方なんですけれども、その西谷さんが最近新しい家に引っ越そうといろんな物件を内見させてもらったところ、「不思議な物件なのでちょっとタニシさんに見てほしいんです」と写真だけ見せてもらったんですが、それがこちら。

大島てる:
 これは(笑)。

BBゴロー:
 え?

松原:
 おかしくないですか? これは心理的瑕疵も何でもないんです。安いからいいなと思って内見に行くと、この床のフローリングのシミ。

匠平:
  え、これは何なんですか。

松原:
 次の画像お願いします。

 おそらくなんですけれども大きさ的に人間ひとり分かなっていうシミが染み込んだフローリングなんですけれども。もうひとつ気になるのが、部屋の三隅にあるものが置かれていました。それがこちらなんです。

 わかりますか? あの赤い……。

匠平:
  あれは何ですか?

松原:
 あれは消臭剤なんですよ。

一同:
 あ〜。

松原:
 これが常にずっと置かれているという。

No.7 タイ ナナホテル前で包丁を持った女に遭遇

松原:
 続きまして3軒目ですね。タイに行ってきたんですね。タイのナナホテル。木村さん【※1】が泊まっていたんですよね。村田らむさん【※2】と取材といいますか、ニコ生配信をしに行っていたんですけれども、ここが幽霊が出るんですよね。

※1 木村
事故物件ラボのディレクターで、番組にも天の声としてまれに登場する。ニコ生のホラー番組を数多く手がけている。

※2 村田らむ
ルポライター、漫画家。ホームレス、新宗教、犯罪などをテーマにしたルポルタージュが多く、潜入取材や体を張った体験取材を主にこなす。

 次の画像をお願いします。こんな感じの廊下があって。全然きれいです。

 木村さん。この先に幽霊が出る場所があるので案内してもらっていました。どういう幽霊が出るんでしたっけ?

木村:
 女性の……。娼婦ですね。

松原:
 そういう場所なんですよね。日本でいうポン引きじゃないですけれども、女性だったりニューハーフの方がひしめく場所にあるホテルです。結局この場所では幽霊らしきものは見られなかったのですが、次の画像をお願いします。

 変な扉があるんですよね。

匠平:
 数字ですかね。

松原:
 内装工事中の部屋が全然普通にぶち当たるんですよね。何かわからないですけれども。次の画像をお願いします。

 「2」と書いてある。部屋に入れるのですが、入っても別に使われていない部屋がある。次お願いします。

 手形があって、何なのかはわからないです。気持ち悪いんですけれども、僕も木村さんも村田らむさんも幽霊は見なかったです。

 ただ一番怖かったのはこのホテルの中じゃなくて、ホテルにタクシーで来たんですけれど、タクシーを降りた瞬間の出来事なんです。次の画像をお願いします。

タイのホテル前で、包丁を持った女性(画面中央)が男性(画面左)を追いかけるところに遭遇。

 これは何かわかりますかね。

匠平:
 何? 左の方、逃げていません?

BBゴロー:
 女性がナイフを持っているのかな?

松原:
 次の画像を見たらすごいわかると思うんですけれども。

 包丁です。これ、めちゃくちゃ怖いんですよ。タクシーを降りたらこの光景だったんですよ。しかもニコ生、回ってたんじゃないかな(笑)。カメラを持っていたのは村田らむさんだったんですけれども、ルポライター魂がそうさせたのか、ここで逃げちゃダメだと思ったのか、ずっとカメラを構えているんですよ。

 結局、女性なのかニューハーフの方なのかわかりませんが、包丁を振り回しながら恰幅のいい白人の男性を追いかけて行くんですよ。向こうの方で白人の男性が倒れ込んで、遠かったのでそこからどうなったかわからないです。「やばいやばい」ってカメラを構えていたら、今度はくるっと踵を返して村田らむさんのほうに全力で走ってきたんです。

匠平:
 うわ〜怖っ!

松原:
 これは怖かったという意味で3つ目のノミネートはタイのナナホテル前。

匠平:
 普通に事件ですよね。

松原:
 道が狭いし人が多いから動けないんです。追いかけて来られたら僕らも逃げられないんですよ。「ちょっとごめんなさい」って言いながら逃げた思い出があります。

No.8 大阪府 70代男性の孤独死部屋

松原:
 4つ目はこちら。備考欄を見てください。「男心くすぶるリノベ物件 プライベートな空間に魅了されて。本気と書いてマジでヤスくね」。だいぶチャラいんですけれども。

物件紹介ページの備考欄には何やら怪しい表記が……

 僕、7軒目の事故物件を大阪に借りているんですけれども、その内見をさせてもらった時に候補のひとつとしてこの物件があったんです。

BBゴロー:
 すごい広い。

匠平:
 安いですね。

松原:
 大阪の千林駅から徒歩3分という商店街のすぐ近くでめちゃくちゃ便利なんです。真ん中がちょっと気になりますね。「告知事項あり。。。なんだこいつは、、、安すぎる・・・」。

一同:
 (笑)

匠平:
 気になりますね(笑)。

松原:
 この紹介している人は何なんでしょうね。

匠平:
 このテンションじゃないとやっていけないんでしょうかね(笑)。

松原:
 ご高齢の方も多い場所で、ちょっと古い扉。築何十年だろうな。ちょっと古い集合住宅っぽい。

BBゴロー:
 ポストは確実に古い。

松原:
 中身は愕然とします。

 めっちゃきれい。ピッカピカ。すごいでしょう。次の画像をお願いします。

 ほらきれい。ちょっと部屋の間取りの構造が気になるんですけれども。次お願いします。

 部屋と部屋がつながっています。奥の部屋から玄関に向けて撮った写真です。次いきましょう。

 玄関から入ってすぐ。部屋がこれだけ広いと。

 1階なんですよ。1階のベランダ部分ですね。柵を乗り越えると隣の家です。隣の家から侵入される可能性があるという感じですね。

 こんな感じで広いんですけれど、なんか気にならないですか?

匠平:
 右側はもともと和室じゃないんですか?

松原:
 正解。フローリングにふすま。和室の扉ですよね。つまり、もともと和室だったところをフローリングに変えてしまっているんです。というのも、70代の男性の孤独死と書いてありました。たぶん染み込んだのかなということで、畳を全部取り除いて床のシステムごと変えたというか、フローリングを全部に貼って何事もなかったようにしたと。

 なんですけれども、ふすまはそのままに置いてあるので、この違和感があるという物件ですね。築年数が古くて孤独死の物件って意外とこのパターンが多くて、フローリングに替えてめちゃくちゃきれいにしているんですけれど間取りは変えられないから、なぜかふすまがあるっていう。

 逆にこういう物件で結構染み込んだんだなっていうのがわかります。お風呂が古いとかね。

BBゴロー:
 これ、たぶん湯名人【※】ってやつだよ!

※湯名人
ジャノメのブランド名で有名な蛇の目ミシン工業が製造している24時間風呂。

松原:
 懐かしい。ありましたね。バスタブは変えていないけれど洗面台はきれい。

 トイレもきれいなんですけれどウォッシュレットではない。

 次はキッチン。きれいです。

 玄関もモニターがある。

BBゴロー:
 新しいじゃないですか。

松原:
 これが家賃5万円という物件です。押入れにカメラを構えると顔認証をするっていう。

 押し入れに何かがいるのかなっていう。結局ここは住まなかったんですけれども。

No.9 宮崎県 高千穂一家心中事件

松原:
 最後いきましょう。5軒目はこちらです。

 先月宮崎県のほうで学園祭に呼んでいただきまして、せっかくなんで次の日に休みを取りまして、いつも心霊スポットとか事故物件ばかりまわっているので、「たまにはパワースポットみたいなところに行ってちょっと癒されたい」という感じで、普通に観光したいなんてことで天安河原といいまして、天岩戸伝説。

 アマテラスが弟のスサノオにひどいことをされて、天岩戸に隠れるんですね。アマテラスは太陽の神様なんで、そのせいで世界が闇に包まれてしまうんです。やおよろずの日本の神々がどうしようと、アマテラスを天岩戸からなんとか引き出そうということで集まって相談した場所というのが、この天安河原という場所なんです。次いきましょう。

 すごくきれいです。次いきましょう。

 めちゃくちゃパワースポットです。次いきましょう。

 洞窟。積石ですよ。ここはぜひみなさんにも行ってもらいたい場所。ここの洞窟でいろいろな神様の相談が行われたという場所です。

 こんな感じですね。石を積むことによって願い事を叶えたいという方が多いんでしょうね。それかいろいろな思いがあって、石を積んでいるんでしょう。次いきましょう。

 このすぐそばに天岩戸神社がありまして、この神社で30分に1回だったかな、神主さんが天岩戸伝説の説明をしてくれるんですね。説明してくれながらの普段入れない神域に、拝殿の裏に連れて行ってもらえるんですよね。そこからアマテラスが隠れていたとされる天岩戸の洞窟を遠目に見ることができます。めちゃくちゃ神話の勉強にもなるし、面白いです。次の画像をお願いします。

 高千穂峡という、ここも名勝でございます。

 この渓谷に流れる真名井の滝というのが日本の滝百選に選ばれているという、とても景色のいい観光地でございます。次にいきましょう。

 登っていきます。どんどん登っていきます。

 きれいでしょう。次いきましょう。橋がつながっているんですよ。

 この橋を登っていくと、さらに上にもまだ橋がある。

 これが高千穂大橋という橋で、この場所丸1日満喫して観光させてもらったんですけれど、この写真に写っている橋が高千穂一家心中事件の犯人である次男が飛び降りた橋です。

一同:
 はあ〜。

松原:
 今回珍しいというか、いつも事件現場にあとから行くんですけれど、僕が何の関係もなく行った場所の20日後に事件が起きたんです。

大島てる:
 それはやばい。

松原:
 たまたまですよ。こういう“逆事故物件”というパターン。

BBゴロー:
 なるほど。

松原:
 だからニュースで流れた時、「高千穂はこういう観光地です」というのがワイドショーで紹介されるんですけれど、「全部行った!」と思ってびっくりしたなというお話でした。てるさんと被っているんですけれど、ノミネートさせていただきたいと思います。

 では僕が選んだ5つの中からアンケートで1位を決めてもらいたいと思います。1軒目が富岡八幡宮、2軒目が西谷さんの借りようとしていた物件、3軒目がタイのナナホテル、4件目が大阪千林の僕が借りようとしていた物件、5軒目が高千穂事故現場ですね。では結果を見てみましょう。

BBゴロー:
 やっぱりタイ(笑)。

松原:
 ということで、タイのホテルになりました。

「北九州の物件」VS「タイのホテル」 事故物件アワード2018年の大賞はどちらに!?

松原:
 それでは出揃いましたので、決選投票いっちゃいますか。それではてるさんのノミネートは北九州。タニシのノミネート事故物件はタイのホテル。どちらかをクリックしてください。

BBゴロー:
 これで決まっちゃうんですね。どっちだろうな……。

松原:
 捨てがたいですよね。では結果を見ましょう。どん!

 北九州! ということで、事故物件アワード2018大賞はてるさんの北九州の物件に決定しました。

松原:
 選ばれましたけれど、てるさんどうですか。

大島てる:
 私はタイのホテルかなと思いました。

松原:
 何やねん。

「事故物件住みます芸人」の松原タニシ、初の書き下ろし単行本
【事故物件怪談 恐い間取り】 好評発売中!

▼記事化の箇所は30分35秒頃からご視聴できます▼

『大島てる×松原タニシの事故物件ラボ』

―あわせて読みたい―

・『事故物件アワード2017』1位は“あのアパート”『大島てる』管理人が「圧倒的に1位」と語る事故物件とは

・何の因果関係もない自殺・他殺が何件も…実在する“事故物件多発エリア”の紹介がエグすぎる。松原タニシ「この一帯、全部それぞれ違う死に方」

・“殺人アパート”に残された生々しすぎる痕跡を事故物件住みます芸人が写真でご紹介「明らかに新しい畳なので…めくったら案の定、血痕ですよね」