米国時間12月17日に公開されたiOS 12.1.2へアップデータしたユーザーが、モバイルデータ通信が使用できなくなるという障害が世界各国で報告されている。Forbesによると、障害が報告されている地域は、北米、南アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど。特に米国では大きな影響が出ているとのことだ。

Appleの公式ページでは、iOS 12.1.2へのバージョンアップの理由を

・iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS MaxのeSIMアクティベーションに関するバグを修正
・トルコでiPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS Maxのモバイルデータ通信に影響する可能性のある問題に対処

としているが、皮肉にもトルコ以外の複数の国で大規模な通信障害を引き起こす結果となってしまったようだ。Appleの公式サポートでは、この不具合への対処方法として「デバイスの再起動」を促しているが、SNSなどでは、デバイスをリセットしても症状が改善されないという報告が相次いでいる。

Appleは既に、iOS 12.1.3開発者向けベータ版を公開しており、これらの障害に対応した次期バージョンも近日中に正式配信されると思われる。iOS 12.1.2へのアップデートをまだ行っていないユーザーは、もう少し待った方がよさそうだ。

Apple ― iOS 12 のアップデートについて
URL:https://support.apple.com/ja-jp/HT209084
2018/12/25