見た目にこだわっているという有働アナ

写真拡大

 2018年12月7日、オリコンニュースが毎年行っている『好きな女性アナウンサーランキング』が発表された。

 堂々の1位は、有働由美子アナ(49才)。2018年3月にNHKを退職し、10月から『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターに就任した、時の人だ。

「有働アナは2012年にトップ10入りしてから、最高順位は2017年の2位。日テレの水卜麻美アナ(31才)が5年連続1位で“殿堂入り”を果たしたため、初の首位となりました」(女子アナウオッチャー)

 しかし、喜んでばかりもいられなさそうだ。

「『zero』の視聴率が低迷しているんです。当初は気にしないと言っていた有働アナも、さすがに焦りが見えてきました」(テレビ局関係者)

 スタート時に10%あった視聴率が、3か月目となった今は4%程度に落ち込んでいる。時間帯が10分しか重なっていないが、裏番組でライバルの徳永有美アナ(43才)が出演する『報道ステーション』(テレビ朝日系)は平均視聴率が12%もあるので、完敗ともいえる。

 視聴率を伸ばすにはキャスターとしての技術を磨くなど工夫が考えられるが、有働アナが力を入れているのは、ズバリ見た目だという。

「中国取材の際には、スタイリストだけでなくヘアメイクも同伴しました。自分でメイクするのが苦手だからだそうですが、どんなときでもつけまつげとカラコンを手放さないそうです。女性スタッフからは、以前のイメージと違うと不評を買っています」(番組関係者)

 衣装にもこだわりが少なくないという。

「衣装はもともと、番組の内容や季節に応じた不快感を与えないものをスタイリストが用意しているのですが、それに加え、インパクトのあるものという条件を出しているそうです。プロとしての強いこだわりですが、かなり難しい注文。ただ、有働さんからしたら“似合うものない!”という状況で、スタッフは衣装選びに泣かされています」(前出・番組関係者)

 脇汗をかいても、そのままにしていたNHK時代と違うようだ。

「同じ事務所のマツコ・デラックスさん(46才)の“きれいになって視聴率をアップさせる”というアドバイスを実践しているとか。同性だけでなく異性からの支持を得ようと努力しているそうです」(前出・テレビ局関係者)

 番組スタート前の会見では「ダメだったら切ってもらえれば」と豪語していたが、その心意気で難局を乗り切ってほしい。

※女性セブン2019年1月3・10日号