藤川京子

写真拡大

 有馬に絶対は無いのは、分かっているつもりですが、過去10年でジャパンカップ組が馬券から外れた事がないというデータを無視が出来ないのです。今回は、キセキ、シュヴァルグラン、ミッキースワロー、サウンズオブアース、サトノダイヤモンドです。確かに出走しているメンバーが多いので、当然だと言えばそれまでですが、過去10年の法則が尽く崩れている近年では、逆に外して買ってみたい気もします。

 しかし、斤量55kg組も過去10年で9回、1回だけ来なかったのは斤量53kgの馬がいた時だけです。この時の4着馬は斤量55kgでした。今年で言えば、モズカッチャン、ブラストワンピース、スマートレイアーの3頭だけです。こっちの方が絞りやすい気がしてきました。それにオジュウチョウサンという信じられない長距離ランナーが出走します。

 もしかしたら、過去10年のデータを全部を叩き壊して来るかもしれません。奇しくも過去10年のデータが尽く崩れている年なので、有り得る気がして来ます。いくら何でも無理だと思うのですが有馬記念です。幾度の奇跡のドラマが繰り広げられてきました。まさかのサトノダイヤモンド復活も頭を過りますが、もっと恐ろしい復活劇だとするとマカヒキ。もう誰も信じられなくなるのが有馬記念でドラマが生まれます。

有馬記念です。一年に一回ぐらい夢を見たい。
いつものよくあるメンバー
ワイドBOX 12、14、15、3、8

奇跡のドラマメンバー
ワイドBOX 12、1、6、4、14