日産自動車のカルロス・ゴーン容疑者らについて、東京地方裁判所が、21日以降の勾留の延長を認めない決定をしたことが分かった。弁護士が保釈の請求をし認められれば、近く拘置所から保釈される可能性が出てきた。検察特捜部の勾留延長の請求が認められないのは極めて異例。NHKニュースが報じた。

日産ゴーン前会長ら 21日以降の勾留延長認めず 保釈の可能性(NHKニュース)