狩野英孝、ついに禊を果たす?! 極寒のなか“打たれるべき3つの滝”で修行

写真拡大 (全4枚)

これまで「京都にある非公開をバンバン見てみたい!」「人間国宝に会いたい」など、さまざまな欲望を叶えてきた『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

12月19日(水)の同番組では、「いろんな滝に打たれたい」という欲望VTRを放送する。

©マツコ&有吉 かりそめ天国

日本に古くから伝わる滝行。修行としてはもちろん、願掛けやリフレッシュのために滝に打たれる人も多く、ツアーまで組まれるほどの人気を集めている。

今回の企画では、全国200箇所の滝を巡った有識者が選ぶ「関東で打たれるべき“3つの滝”」を狩野英孝が1日で回る。実家では神主も務める狩野が、栃木県塩谷町や東京都檜原村、神奈川県南足柄市で真剣に滝行に励む。

©マツコ&有吉 かりそめ天国

水温が10℃を切る極寒のなかで壮絶な修行を繰り返す狩野。最後に訪れた「夕日の滝」では、このロケで最長となる5分間滝に打たれ続けた狩野が「頭皮、剥がれてないですよね?」と心配する場面も。

©マツコ&有吉 かりそめ天国

芸人としての顔を忘れて修行を積むうち、狩野は“ある成長”をとげる…。有吉に「今までで一番ハードなロケやって来た」と漏らしたという、狩野の滝行の全貌は今夜の放送で明らかに!