体育館などで公演していた劇団員の男性 アスベスト被害で労災認定

ざっくり言うと

  • 劇団員の男性が、アスベスト被害で亡くなったとして労災認定を受けた
  • 男性は1978年までの約5年間、学校の体育館などで舞台公演をしていたという
  • その際に裏方の作業もしていて、間接的にアスベストにさらされていたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x