東京都港区の南青山に児童相談所などの複合施設を建設する問題で、大荒れとなる住民説明会の様子が報じられるなどして「セレブ」や「ブランドイメージ」とは何か? といったことについてSNSなどで議論がなされている。

参考記事:
「セレブ」「ブランド」とは? 南青山の児童相談所建設問題で高須克弥院長やひろゆき氏のツイートが話題
https://getnews.jp/archives/2105781

とある『Twitter』ユーザーは、

南青山にクソデカいドンキとくら寿司と大江戸温泉物語を建設して全てを終わらせたい

とツイートし、多くのリツイートや「いいね!」を集めていた。
そして、騒動を揶揄するかのように「#南青山に建てたい施設」というハッシュタグが出現。
大阪のスーパー玉出やあいりん地区の労働公共職業安定所、バニラの宣伝カー車両基地などなど、さまざまな施設がツイートされていた。

また、ネット上で”カイエン青山”なるニックネームをつけられた日本ハムの斎藤佑樹投手の別荘を提案する人や、かつてはオウム真理教の施設が青山にあったと指摘する人も。

※『Twitter』の埋め込み機能を使用しています。ツイートが見れない方はコチラ
https://getnews.jp/archives/2106211[リンク]

いずれにせよ、今回の一件によりネット上では「青山」という土地がこれまでにないイメージで語られるようになった模様である。今後の行方やいかに……。

※画像は『いらすとや』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』