札幌市豊平区の爆発事故で、発火元とされる不動産仲介会社「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長はきのう18日(2018年12月)、除菌消臭を客と契約しながら実施していないケースがあったことを明らかにした。余ったスプレー缶を処分しようとして、爆発を起こした可能性がある。

司会の国分太一「新たな問題がわかってきました」

入居決めた新規契約客から1回2万円

佐藤社長によると、スプレーは入居前の部屋に噴霧し、新規契約客から1回1〜2万円の料金を受け取る。消臭剤の仕入れ値は「1000円ぐらい」で、料金を取っただけで実施しない「未施行もあったと聞き、調査している」という。

記者から「それは詐欺ではないか」との質問も飛び、佐藤社長は「あってはいけないこと」と答えた。

豊平区の店には使わなかったスプレー缶が120本ほどあり、机の上に並べてガス抜きの最中だった。室内がガスで煙ったため、店長と従業員がいったん外に出て、戻って給湯器をつけた直後に爆発したらしい。

堀尾正明キャスター「アパマンショップは全国に系列店がある大手業者で、他の店でもやっていないか、早急にチェックしてほしいですね」