炎に触れなくても着火する「表面フラッシュ減少」着衣着火に注意

ざっくり言うと

  • 炎に触れていなくても着火の危険がある「表面フラッシュ現象」
  • 冬服に多い起毛素材などは燃えやすく、火が一気に広がる危険性もあるという
  • 火が付いた場合は脱ぐ、たたく、水をかけるなどして早急に消火すべきだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x