12月23日(日)、中山競馬場ではグランプリ・GI有馬記念(芝2500m)が行なわれる。

 20年以上昔の話になるが、サクラローレルが勝った1996年はなんと875億円という世界一の馬券販売額を記録し、ビッグレースとしてギネス世界記録にも登録された。競馬をあまりやらない人もレース名だけは知っていて、”ダービーと有馬記念だけは買う”という人も多いのではないだろうか。

 今年の大きな話題は、昨年の障害チャンピオン・オジュウチョウサンが武豊騎手騎乗で出走してくることだろう。しかし、人気の中心はGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を勝ったレイデオロ(牡4歳/美浦・藤沢和雄厩舎)と思われる。今回はこの馬に死角があるか、という視点で分析していこう。


天皇賞・秋を制し、有馬記念に臨むレイデオロ

 レイデオロは昨年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)勝ち馬で、今年はGII京都記念(京都・芝2200m)から始動。単勝1.6倍の圧倒的1番人気に推されたものの、出遅れと重馬場などの影響で3着に敗れた。また、続くGIドバイシーマクラシック(メイダン・芝2410m)も4着に敗れて春シーズンを終えている。

 秋はGIIオールカマー(中山・芝2200m)から復帰。やや後方追走から、直線では最内を突き、昨年のGI皐月賞馬アルアインにクビ差をつけ、昨年の神戸新聞杯(阪神・芝2400m)以来となる約1年ぶりの勝利を飾った。

 そして前走のGI天皇賞・秋。2番人気で出走し、好位5、6番手を追走すると直線で鋭く脚を伸ばし、GII札幌記念を勝ったサングレーザーに1馬身1/4差をつけて快勝。勝ちタイムの1分56秒8は歴代3番目の好タイムというハイレベルのレースだった。

 そんなレイデオロの、中山芝2500mのコース適性について考えてみよう。中山では4戦し、2歳時の葉牡丹賞(芝2000m)、GIIホープフルS(芝2000m)、GIIオールカマー(芝2200m)の3勝。敗れた1戦は昨年のGI皐月賞(芝2000m)で5着だったが、そのレースは約3カ月半ぶりの実戦で、スタートで出遅れる厳しい展開。それでも、勝ったアルアインからも0秒4差と、内容としてはそれほど悪くなかった。中山コースは苦にしていないと言える。

 距離的には、今回の2500mは初めて。母ラドラーダが芝1400〜1600mを得意としたマイラーで、祖母レディブロンドが芝1200mで5勝したスプリンターだったという血統もあり、ベストは2000mと見ている。それでもレイデオロは、2400mではGI日本ダービーを含め2勝しているし、6回もコーナーを回る有馬記念はマイル〜中距離タイプの馬が好走するケースが多いため、対応できるだろう。

 ただ、血統的には嫌なデータがある。過去62回を数える有馬記念で、レイデオロの父キングカメハメハ産駒のみならず、その父の父ミスタープロスペクターから広がる大父系からは1頭も勝ち馬が出ていないのだ。3200mのGI天皇賞・春もミスタープロスペクター系は未勝利だが、有馬記念と距離が近く、スタミナと底力が問われるジャパンC(東京・芝2400m)は6勝していることから、ちょっと意外なデータだ。

 とはいえ、これは巡り合わせが悪かっただけで、それほど気にする必要はないとも思える。これまで出走した36頭のうち1番人気になった馬はおらず、2番人気は2012年ルーラーシップ(3着)、2015年ラブリーデイ(5着)の2頭。ルーラーシップは出遅れが響きながらゴールドシップから0秒3差の3着と健闘していたし、ラブリーデイは2000m前後がベストで、秋4戦目という臨戦過程から疲れも残っていたと思われる。

 ミスタープロスペクター系の馬は2着3回、3着も3回あるが、その多くが人気薄馬だった。2001年2着のアメリカンボスはジャパンC10着の13番人気(単勝116.9倍)で、馬連は48,650円の波乱となるなど好走例はあるので、「ミスタープロスペクター系だからダメ」と決めつけるのは早計だ。

 ローテーション的にはどうだろう。レイデオロは今回、天皇賞・秋以来の出走。過去10年、このローテーションで出走してきた馬は2頭(3着1回)しか勝利していない。一方、ジャパンCからの出走馬は3勝、2着5回、3着6回、菊花賞からの出走馬は3勝、2着1回、3着1回のため、いいローテーションとは言えないが、このデータを掘り下げると見え方が違ってくる。

 過去10年の天皇賞・秋からの出走馬は11頭とそれほど多くなく、2008年ダイワスカーレット(1番人気)、2009年ドリームジャーニー(2番人気)の2頭が勝利し、2008年には10番人気のエアシェイディが3着に入っているので、確率としてはそれほど悪くない。その他の敗れた8頭は3番人気馬が1頭、5番人気馬が2頭、それ以下は7番人気〜13番人気と人気薄馬が多く、有力と言える馬も少なかった。レイデオロはオールカマー、天皇賞・秋に続く秋3戦目となり、無理のないローテーションで来ているので、疲労面も不安はなさそうだ。

 以上、”コース適性”“距離”“血統”“ローテーション”と、さまざまな角度からレイデオロの死角を分析してみたが、これといって致命的なものは見つからなかった。一見、相性の悪いデータでも、中身をしっかり精査すれば、気にする必要はないことも多い。

 GI朝日杯フューチュリティSのグランアレグリアのように、断然の人気馬がアッサリ敗れることがあるのも競馬の難しいところ。レイデオロもちょっとスタートダッシュが鈍い面もあるので、スタートに失敗して位置取りが悪くなったりすると、取りこぼすことも考えられるが、どんな馬にもそういった不安はある。今回はレイデオロを信じ、重い印を打ちたいと思う。