©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

バナナマンがMCを務め、世のなかのありとあらゆるものの「ソノサキ」にある驚きと感動のドラマを笑いとともに届けるバラエティー番組『ソノサキ〜知りたい見たいを大追跡!〜』。

12月18日(火)の放送では、「ネットでバズって人生変わった人のソノサキ」をお届けする。

©テレビ朝日

今年9月にSNSに投稿され、2万2千リツイート、8万6千いいね!を獲得した、まるで写真のようなユキヒョウの絵。

その絵の作者を追跡すると、なんと京都の高校に通う16歳の安部祐一朗くんであることがわかった。番組スタッフが彼の自宅を尋ねると、安部くんは話題になった絵を描く様子を撮った記録映像を披露してくれた。

さらに、30時間を費やして制作されたこの絵を書き上げる際、彼なりの“ある流儀”があったという。ゲストの橋本マナミが「すごーい!」と驚いた、その“流儀”とは?

この絵がネットで話題を集めたことで人生が変わったという安部くんは、専門的な絵の教育は受けておらず、あくまで趣味で絵を描いていた。しかし、最近初めての仕事を引き受けることにしたという。

果たして、どんな絵が完成するのか…?!すべては、今夜の放送で明らかに!