婚約する度にゴージャスなエンゲージメントリングに注目が集まるセレブたち。今年はヘイリー・ボールドウィンの6カラットやカーリー・クロスの7カラットのダイヤモンドリングが話題になったけれど、世界には彼らの指輪とは比べ物にならない、目を疑うほどビッグサイズのリングを贈られた大富豪たちがいるみたい。そこで20カラット越えの伝説級のダイヤモンドリングをプレゼントされたセレブリティをピックアップ。一般人には理解できないお値段にもびっくり…!

パリス・ヒルトン(24カラット)

先日、俳優のクリス・ジルカと3度目の婚約破棄が明らかになり、またもや世間を騒がせたソーシャライトのパリス・ヒルトン。クリスからは20カラットのダイヤモンドの指輪を贈られたけれど、彼女にはもっと大きな婚約指輪をもらっていた過去があるのを覚えてる? それはギリシャの海運業の御曹司パリス・ラティスと2005年に2度目の婚約をした際に贈られた、24カラットのダイヤモンドがあしらわれたリング! 470万ドル(約5億3000万円)と言われているけれど婚約破棄後、彼女は「指輪は返さない」と言い放ったそう…。さすがです。

キーシャ・ケオール(25カラット)

View this post on Instagram

Say what now ?!

A post shared by Keyshia Ka'oir Davis (@keyshiakaoir) on

モデルのキーシャ・ケオールは、公開プロポーズで25カラットものダイヤモンドの指輪をゲット! 当時恋人だったラッパーのグッチ・メインとNBL観戦を楽しんでいた際、場内のディスプレイに映し出されたカップルがキスするというイベント「キスカム」でふたりが大画面に映し出されるシチュエーションに。すると突然、グッチがキーシャにプロポーズ♡ 思わず2度見してしまうほど大きなダイヤモンドに、キーシャも喜びを隠し切れず、自身のSNSに婚約指輪の写真をアップ。「OMG!!! ベイビー、ありがとう!愛しているわ!イエス!25カラット」とコメントも投稿。こんなにも大きな指輪をプレゼントされたら、カラット数をアピールしないわけにはいかない!?

エリザベス・テイラー(29.4カラット)

8度もの結婚歴がある銀幕の女優エリザベス・テイラー。3人目の夫で映画プロデューサーのマイク・トッドが、エリザベスに贈った婚約指輪がこちら。29.4カラットのエメラルドカットのダイヤモンドがあしらわれたもの。あまりに大きなダイヤモンドだったため、エリザベスはこれを「私のアイススケートリンク」と呼んでいたとか! 彼女が亡くなった2011年にクリスティーズのオークションにかけられ、370万ドル(約4億500万円)で落札されたそう。

エリザベス・テイラー(33.19カラット)

絶世の美女とも謳われたエリザベス・テイラーは、5人目の夫で俳優のリチャード・バートンから、マイク・トッドに貰った29.4カラットの指輪よりもさらに巨大な、33カラットのアッシャーカット・ダイヤモンドがあしらわれた豪華リングを、交際中に贈られていたそう! エリザベスはいたく気に入り、死ぬまで身に着けていたとか。また彼女は大のジュエリー好きとしても有名で、40歳の誕生日の際はリチャードから69.42カラットものダイヤモンドが施されたネックレスをもらった伝説も!

マライア・キャリー(35カラット)

歌姫マライア・キャリーもオーストラリアの富豪ジェームズ・パッカーと婚約した際、特大サイズのリングをもらい話題になったセレブのひとり。エメラルドカット・ダイヤモンドの大きさは35カラットで、推定価格1000万ドル(約11億円)! マライアの長年の友人であるウィルフレド・ロサドがデザインし指輪を着けていた婚約時、マライアは「すごく重いのよ。腕が上がらないほど!」と言って大ノロケしていたものの、ふたりはその後婚約破棄。「あの巨大リングの行方は?」と世間が注目するなか、マライアがこっそり売却していたことが判明! 気になる金額はおよそ210万ドル(約2.3億円)とのことで、安く買い叩かれてしまったみたい…。

ジャクリーン・ケネディ・オナシス(40カラット)

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの妻だったジャクリーン・ケネディ。ジョンの死後、彼女の再婚相手となったのが、ギリシャの海運王アリストテレス・オナシス。彼からプロポーズされた際に贈られたのは、なんと40カラットものエメラルドカット・ダイヤモンドがあしらわれたリング。さらに驚くべきことは、ジャクリーンがプロポーズを承諾するまでに1年もかかったため、アリストテレスはその間、40カラットのダイヤモンドのほかに、ネックレス18個、ブレスレット23個、腕時計7個、ブローチや指輪を20個近くを贈り続けて猛アタックしたのだとか! ファッショニスタとしても知られているジャクリーンは、これらの豪華なジュエリーをエレガントにまとっていたそう。

アイシュワリヤー・ラーイ(53カラット)

1994年のミス・ワールド優勝者でインド出身の女優アイシュワリヤー・ラーイ。彼女の婚約指輪にあしらわれたダイヤモンドは、53カラット! インドの俳優アビシェーク・バッチャンから贈られたものだけれど、「一体どこに着けていくのいくの!?」と思わずツッコミを入れたくなる大きさに、インドの富豪たちでさえもビックリしたそう。とはいえ、世界一の美女に輝いたエキゾチックな顔立ちとエメラルドグリーンの美しい瞳に見つめられたら、53カラットのダイヤモンドなんてお安いご用!? 

クセーニャ・タリツィーナ(70カラット)

View this post on Instagram

70k

A post shared by Ksenia Tsaritsina (@ksenia_tsaritsina) on

セレブのなかでも桁外れな婚約指輪を贈られたのが、ロシア出身のモデル、クセーニャ・タリツィーナ。ロシア財閥の御曹司アレクセイ・シャポバロフがクセーニャにプレゼントしたのは、70カラットものダイヤモンドがあしらわれたリング! アッシャーカットで推定800万ドル(約9億円)だそう…! 彼女が自身のインスタグラムで超巨大な婚約指輪を披露するや否や世界中でニュースに。『デイリー・メール』によると、当時クセーニャは「夫がケチなプレゼントを私に贈るなんてことは決してないわ。30カラットのリングでは、私にとって十分な大きさではないと思ったのよ」とコメントしていたそう。それにしても70カラットって…。正直、大きすぎて本物に見えない!