札幌市豊平区でおととい16日(2018年12月)夜に起きた爆発事故は、現場建物に入居する不動産会社の従業員がスプレー缶100本以上のガス抜き作業を行っていたことがわかった。

司会の国分太一「それが原因の一つだったのか」

従業員がガス抜きの作業をしていた

近所の男性によると、爆発にはタイムラグがあり、「最初に小さい火が出て、大きな火が上がったのは消防車が来てからだった」という。従業員がスプレー缶100本ほどのガス抜き作業をし、湯沸かし器をつけたら爆発したと警察に語ったとの情報もある。JNNのカメラは現場で多数の白いスプレー缶を集める捜査員の姿をとらえていた。

事故があった不動産会社と同系列の店に勤めていた女性は「スプレー缶は賃貸物件の室内向け抗菌消臭剤で、1LDKで9000円から2万7000円をお客からとっていた。火気をあまり気にせず、気楽に使っていた」と話す。業務用の使い切りタイプで、仕入れ本数の多い店が表彰されたこともあるそうだ。

近くの火気に引火したり、ガス抜きの穴をあける際に静電気から火花が飛んだりする危険がある。

キャスターの真矢ミキ「よく使うものからの爆発だとすれば、ショックでしたね」

司会の堀尾正明「身を引き締めなければいけない」

国分「僕らは説明書きをちゃんと読むのを忘れている。鍋のシーズンです、もう一度チェックをお願いします」