略式命令を受けたスーパー玉出の社長が訴え「暴力団は無関係」

ざっくり言うと

  • 犯罪収益収受の罪で略式命令を受けた「スーパー玉出」の創業者
  • 暴力団から売春収益の一部を賃料名目で受け取っていたとされている
  • 創業者は17日にコメントを出し、暴力団関係者などとは一切関係ないと訴えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x