©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

©テレビ朝日

12月17日(月)に放送される同番組では、オダギリジョーとホラン千秋をゲストに迎え、「新幹線の中でやりたい放題して桁外れな売り上げを記録しちゃった車内販売界の怪物」を紹介する。

新幹線の中のお楽しみ、車内販売。山形新幹線の車内販売員として6年前まで働いていた“クミコさん”は、「百年にひとりの怪物」と言われるほど伝説的な実績をあげていた。

一般的な車内販売員は東京〜山形間で3往復ほどをするところ、クミコさんはなんと7往復もしていたという。

また、当時の一般的な販売員さんの1日の売り上げは平均7〜8万円くらいのところ、なんとクミコさんは53万円も売り上げるなど、驚異的な数字が次々と明らかになる。

東京〜山形間に現れた車内販売の怪物――いったいその怪物っぷりには、どのような秘密が隠されていたのか? その衝撃の生い立ちから車内販売員になるまでの壮絶なストーリーも明かされる。

©テレビ朝日

そして、普通の求人情報ではほぼほぼ扱われない激レアなお仕事を一方的にオススメする「おすすめ!激レアお仕事カタログ」のコーナーでは、「様々な事情によって2度と食べられない思い出の味を再現してくれる思い出料理人」が紹介される。