オジュウチョウサン(牡7歳)が有馬記念(12月23日/中山・芝2500m)挑戦を表明してから、にわかに注目を集めた馬がいる。

 1992年の有馬記念を勝ったメジロパーマーだ。

 両者には、ともに”障害帰り”という共通点がある。

 競走馬として、ワンランク低く見られがちな”障害帰り”でも、メジロパーマーのように有馬記念を勝った馬がいる。オジュウチョウサンだって――という論法で引き合いに出されたわけである。


オジュウチョウサンは有馬記念でどんな走りを見せるか

 ただ、同じ”障害帰り”でも、メジロパーマーとオジュウチョウサンに共通するところは、そう多くない。

 メジロパーマーは、1991年に障害レースを走る前、すでにその年の札幌記念(当時GIII、現在はGII。札幌・芝2000m)を制した重賞ウイナーだった。ところが、生まれながらに気性が悪く、札幌記念後は重賞ウイナーらしからぬ凡走を繰り返したため、先々を危ぶんだ陣営の判断によって、障害に活路を求めることになった。

 余談だが、このメジロパーマーの同期には、メジロマックイーンとメジロライアンという2頭のGI馬がいた。当時の有力牧場主兼馬主だった『メジロ』のオーナーにとっては、いわゆる当たり年。それゆえ、いかに重賞ウイナーとはいえ、この2頭ほど期待されていなかったメジロパーマーを障害馬にすることは、さほどためらいがなかったと思われる。

 ともあれ、メジロパーマーはもともと平地でもそれなりの実績を残していた馬だったのだ。

 それに比べて、オジュウチョウサンの障害を走る前の平地の成績は2戦2敗。それも、デビューしたばかりの2歳時における結果で、新馬戦11着、未勝利戦8着と、ともにほとんど見せ場なく終わっている。

 だが、オジュウチョウサンは障害に転向すると、5歳になって本格化。2016年春の障害GI中山グランドジャンプ(中山・障害4250m)から破竹の9連勝を飾り、そのうちGI勝ちも5つある。

 障害レース界では、いわば”名馬”。その実績も、勝ちっぷりも、歴代障害馬の中でも「最強」と言われる、フジノオーやグランドマーチスと肩を並べる存在と言っていい。

 ちなみに、両馬はともに中山大障害を4連覇。フジノオーは日本馬で唯一、世界最高峰の障害レース・グランドナショナル(イギリス)に挑戦した馬で、本場フランスの障害レースでも2勝を挙げている。片や、グランドマーチスは、障害馬の中で唯一、競馬の殿堂入りを果たした馬だ。

 オジュウチョウサンは、まさにそんな”レジェンド”たちの域にある。

 一方、メジロパーマーは障害レースではわずか2戦したのみ。初障害となった未勝利戦では2着馬をぶっちぎって先々に期待を抱かせたものの、次の1戦で2着となり、早々に障害馬としてのキャリアを終えている。

 障害馬としてのメジロパーマーは、致命的な欠点があった。ハードルを越える際の飛越が低く、常に落馬の危険がつきまとっていたのだ。そこで陣営が、「このままでは大きなアクシデントを招きかねない」と思って、すぐさま平地への戦いに戻したのである。

 それでも、そこからメジロパーマーのサクセスストーリーが始まる。

 競走馬としてのピークを迎えた1992年、GIII新潟大賞典(新潟・芝2200m)を勝つと、その勢いでGI宝塚記念(阪神・芝2200m)も制覇。冒頭でも触れたとおり、年末の有馬記念も制して、2つのグランプリレースで戴冠を果たしているのだ。

 障害で”レジェンド”の域に達したオジュウチョウサンには比べるべくもないが、メジロパーマーも平地では、少なくとも”個性派”として記憶に残る馬だったと言える。

 このメジロパーマーの快挙をきっかけにして、当時「”障害帰り”はなぜ走るのか?」という話題がよく議論された。

 そこでは、障害を走るための稽古を積むことによって、後ろ脚、つまりトモが鍛えられるとか、気性面に問題がある馬には、目先を変えることで、いわゆる”ガス抜き”効果があるとか、我慢を覚えるとか、さまざまな効果が挙げられていた。また、そうした効果とは別に、「いや、メジロパーマーの場合は、たまたま障害を走った時期が成長期にあたり、馬がそこで心身ともにグンと成長した」といった意見もあった。

 おそらく、そのどれもが正解には違いない。

 そのうえで、あえて結論めいたことを言えば、ある種の馬、もともと素質はあるのに気性難とか、馬体的に弱点があるとかで、その力を思うように発揮できない馬は、障害レースを経験することによって”化ける”、すなわち”強い馬になる”ことがあるということだ。

 その点では、メジロパーマーも、オジュウチョウサンも共通する。

“障害帰り”で有馬記念を勝ったメジロパーマーについては言うまでもないが、オジュウチョウサンに至っては、もとは未勝利戦でも見せ場がなかった馬だ。その馬が、500万特別を楽勝し、続けて1000万特別も快勝したのだから、強くなっていることは間違いない。

 とはいえ、有馬記念はこれまでとは相手が違う。

 オジュウチョウサンの鞍上を務める武豊騎手も、GI戦と、オジュウチョウサンが勝った条件戦との時計の違いを引き合いにして、「今度はこれまでのようにはいかない」と口にしている。

 しかし一方で、「暮れの中山は強い馬だから」とも語った。

 確かに、例年有馬記念の前日に行なわれている名物レース、GI中山大障害(中山・障害4100m)は2連覇中である。この時期、この舞台ではめっぽう強い。

 オジュウチョウサンが有馬記念を勝てば、”障害帰り”メジロパーマーの伝説を超えて、障害GI5勝の有馬記念馬という、新たな最強伝説を打ち立てることとなる。 暮れの中山に棲むと言われる”有馬記念の女神”は、こういうストーリーが意外と嫌いではないと思う。