他の女性の幸せにイライラ・モヤモヤしてしまう時は

写真拡大 (全3枚)

 女性なら経験したことがある人も多いであろう「他の女性の幸せにイライラ・モヤモヤしてしまう」という体験。幸せを祝いたいという気持ちがある一方で何となくイライラ・モヤモヤしてしまう。そんな自分に気づいて自己嫌悪に陥ってしまう。どうしてそんな気持ちになってしまうのか、どうやって解消すればいいのか、解説します。

・今すぐ読みたい→
令和を生きる女性のシゴト観を考える。男性に求めるのは「3高」から「4低」へ?! https://cocokara-next.com/lifestyle/womens-view-of-work-in-reiwa/

 みなさんは他の女性が幸せそうにしているのを見てイライラ・モヤモヤした、という経験はないでしょうか?

「確かにある…」と思った方もいるのではないでしょうか。安心してください、一人ではありません。幸せそうにしている人を見て嫌な気分になるというのはよくあることです。というのも、自分より優れていると思うものに対して、人は本能的に防衛的になったり、攻撃的になったりしてしまうものだからです。

ですが、イライラ・モヤモヤに支配されたり、ネガティブな気分を感じてしまった自分に嫌気がさしたり、という状態が常に続いていたら自分も辛いですよね。

今回はそんな他の人が幸せそうにしている時に感じるイライラ・モヤモヤの対処法についてお教えします。

イライラ・モヤモヤの原因


 そもそもなぜ他人のことなのに、しかも一緒に喜ぶという選択肢もあるのに、幸せそうな人を見るとネガティブな感情が湧いてくるのでしょうか?

実は、心理学では女性が「一緒である」ということをとても重視するということが明らかになっています。男性は小さい頃から野球やサッカーなど競う遊びをするので、「勝敗がある」「個人差がある」ということを意識しやすい一方で、女性はおままごとやお人形遊びなどみんなで協力し合う遊びが多く「和を乱さない」「同じことをする」ということを学習していくことが原因ではないか、と指摘されています。

このように「一緒である」ということを重視するとどうしても「幸せの程度も一緒であるべき」という考えを無意識に持ってしまうことがあります。特に生きている環境や生活水準等が似ていると思っていた女性に対しては「私より幸せそう」というのは受け入れがたくなっていきます。

つまり、幸せそうな女性を見て感じるネガティブな気分の原因は「本来同じであるべきなのに、あの子はもっていて、私は持っていない」という思いからから生じる不平等感や焦りだと考えられます。だから話している本人に悪気がなくても、最近あったよかったこと、などを話されると「自慢?」とイラっとしてしまうのです。

これだけ聞くとネガティブな気分になる自分はとても性格が悪いのではないか?!と思ってしまうかもしれませんが、この情報プロセスを自覚できている人はほとんどおらず「本当は一緒に喜びたいのになぜかイライラ・モヤモヤする」と悩んでいる人の方が多いのではないかと思います。このように自覚できないプロセスはコントロールが難しいもので、コントロール力自体に性格の良さは関係ありません。

でも、どうせならすっきり気持ちよく相手の幸せ話を聞きたいものですよね。では、どうしたらよいのでしょうか?

イライラをコントロールするには


■論理的に考えてみる
実はこの「本来同じであるべきなのに、あの子は持っていて、私は持っていない」→「不平等感や焦りを感じる」、という流れは冷静に考えてみると論理が飛躍してしまっているのです。

というのも「あの子が持っている」という事実と「私が持っていない」という事実はなんの因果関係もないからです。同様に「あの子が持っている」から「今後私は持てない」というのも論理的には成り立たないでしょう。

この状況を紐解いてみると、本当は自分だって手にする可能性があるのに、それを差し置いて「あの子は持っているけど私は持てないのではないか」と早とちりしてネガティブな気分になってしまっているという状況です。つまり「相手が持っている」という点のみからとても悲観的な見方をしてしまっているのです。

■視点を変えてみる
ではそんな悲観的な見方をやめるにはどうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単。イライラ・モヤモヤした時に「でも自分の幸せの量は減らないよ」と自分に言い聞かせてあげるのです。ネガティブな気分は瞬間的に生じてしまうもので、それ自体を最初からなくすというのは難しいですし、そうしなくてもいいものです。

ただ、ネガティブな気分になったら自分を客観視して、「なぜネガティブな気分になってしまっているのか」「ネガティブな気分でいつづけるべきなのか」をちょっと間をおいて考えてみましょう。このように、一度落ち着いて状況を確認するクセがつくと「あれ、極端な考え方をしてしまっているかもしれない」と気づくことができ、冷静に「あの子の幸せと自分の幸せは関係ない」という事実を思い出すことができます。

ここまでできたらあとは「自分の幸せは減らないよ。だからイライラ・モヤモヤしなくても大丈夫。」と自分に言ってあげましょう。そうするときっとネガティブな気分もすーっと引いて前よりも楽に相手の幸せを喜ぶことができるようになるでしょう。

これができるようになると、相手のどんな話も楽しく聞けるようになるし、一緒に喜べない自分を責めることはなくなります。百聞は一見に如かず。今度他の女性の幸せ話を聞いた時は、是非実践してみてください。

[文:ストレススキャン編集部]

「スマホで簡単にストレスをチェックできるアプリ-【ストレススキャン】-(https://stress-scan.com/)」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
令和を生きる女性のシゴト観を考える。男性に求めるのは「3高」から「4低」へ?! ​https://cocokara-next.com/lifestyle/womens-view-of-work-in-reiwa/