日曜中山5R新馬はジャパンスウェプトが1番人気にこたえる

写真拡大

16日、中山競馬場で行われた5R2歳新馬(ダ1200メートル)は、スウェプトオーヴァーボード産駒の1番人気・ジャパンスウェプト(牡2、古賀慎)が制した。

互角のスタートから道中は先団の馬群で待機。4コーナーで外から一気に追い上げて先頭にならびかけると、直線では逃げ込みをはかる2番人気・アシャカマキシンとのマッチレースを‪1/2‬馬身制してフィニッシュした(勝ち時計1分12秒4)。

戸崎「返し馬からすごい勢い」

騎乗した戸崎は「返し馬からすごい勢いで、いいスピードがあるなと、自信をもって乗れました。道中はいかに落ち着いて走らせるかに注意をしていましたが、それでも最後は余裕ある形で交わしてくれましたね。先々が楽しみです」と笑顔で振り返った。