Windowsの公式Twitterアカウントが、Windows 95のロゴをデザインしたセーターを「ラッキーなファン」にプレゼントすると発表した企画が話題となっています。

Windows 95ロゴのダサすぎセーター

Windowsの公式Twitterアカウントは現地時間12月13日、Windows 95のロゴを大胆すぎるほど大胆にあしらったセーターを「少数のラッキーなファン」にプレゼントする、と発言しています。
 
ソフトウェアに、衣類の「ウェア」をかけたオヤジギャク企画ですが、どうしてもそのデザインに目が行きます。
 

 
前だけでなく背中にも大きく配置されたWindows 95のロゴ、白とブルーのドット模様と、なんとも言えない ダサさ 存在感を醸し出しています。
 
Windows公式が「 #WindowsUglySweater (Windowsのダサいセーター)」とハッシュタグをつけているように、絶妙に狙ったデザインなのですが、相当な視覚的インパクトです。
 

 


 
なお、Windows公式のツイートには、本稿執筆時点で約1万人が話題にし、7,000回以上リツイートされ、26,000件以上の「いいね」を集めています。

来年も実施する場合の人気投票も開始

この反響に気を良くしたのか、Windows公式アカウントは来年も実施する場合のデザインの人気投票を開始しています。
 
選択肢は以下の4つです。

Windows XPWindows 7Windows 10(ですよね、もちろん)Windows Vista

 


 
このツイートには、かつてのMicrosoft Officeアシスタント「クリッパー」や、
 


 
PC向けWindows製品なのに選択肢にもあがらなかった「Windows Me」をリクエストする声もあがっています。
 

Windows 95ノスタルジー

初めてパソコンに触れたのがWindows 95だった、というユーザーが多いこともあり、発売から23年が経った現在も、Windows 95はある種のノスタルジーや愛着とともに語られます。
 
昨年は、iPhone XでWindows 95を動作させた映像が公開されて話題となったほか、2015年発売のApple Watchに、Windows 95をインストールして動作させた映像も公開されました。
 
今年8月には、macOSやLinuxでWindows 95が動作するアプリが公開されて注目を集めました。
 
 
Source:Microsoft/Twitter (1), (2), via Mashable
(hato)