厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第30回:ダンスディライト

 近年、日本競馬界では牝馬の躍進が目立つ。その先駆けとなったのは、2000年代に活躍したウオッカやダイワスカーレットだろうが、彼女たちが躍動する数年前にもファンの心に残る奮闘を見せた牝馬がいる。

 2003年から2006年まで現役生活を送っていたダンスインザムード(牝/父サンデーサイレンス)である。

 彼女は、デビュー前から注目されていた。というのも、名繁殖牝馬として知られていたダンシングキイの娘だったからだ。

 とにかく、ダンシングキイが送り出した子どもたちの活躍は凄まじかった。GI2勝のダンスパートナー(牝/父サンデーサイレンス)をはじめ、GI菊花賞を制したダンスインザダーク(牡/父サンデーサイレンス)、重賞3勝のエアダブリン(牡/父トニービン)らがそうだ。

 ゆえに、ダンスインザムードの注目度が高かったのは当然で、その活躍を関係者はもちろん、多くのファンが期待していた。そして実際、彼女はその期待どおりの活躍を見せたのである。

 デビューから楽勝で3連勝を飾ると、GI桜花賞(阪神・芝1600m)に駒を進めた。そこでも、武豊騎手を背にして1番人気の支持を得ると、直線で早々に先頭に立つ強気の競馬を披露。ライバルたちに影をも踏ませぬ完勝劇を演じて、クラシック制覇を果たした。

 その強さは、当時の実況アナウンサーが「恐ろしいほどの天才少女」と形容するほど際立っていた。

 その後、オークス(東京・芝2400m)は4着に敗れるも、アメリカンオークス(アメリカ・芝2000m)に果敢に挑戦。2着と健闘した。

 その結果から、牝馬三冠最終戦となる秋華賞(京都・芝2000m)では巻き返しが期待されたが、断然の1番人気に推されながら4着と完敗。結局、3歳時のタイトルは桜花賞の一冠のみに終わった。

 それでも、秋華賞のあと、歴戦の古馬が相手となるGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)、GIマイルCS(京都・芝1600m)にも出走。ともに2着と好走して、”天才少女”ぶりをあらためてアピールした。

 4歳時には極度のスランプに陥った。春から夏にかけては、ふた桁着順に沈むレースも何度かあった。最終的にその年は未勝利に終わったが、秋になると、天皇賞・秋で3着、マイルCSで4着と善戦。徐々に復活の兆しを見せていた。

 そして、迎えた5歳。同年(2006年)に新設されたGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で優勝。2つ目のGIタイトルを獲得すると、夏にはアメリカの重賞も制して、秋にはマイルCSで再び2着と好走した。

 引退後も、繁殖牝馬として活躍。GIIIフェアリーS(中山・芝1600m)を勝ったダンスファンタジア(牝/父ファルブラヴ)や、GI秋華賞で3着という結果を残したカイザーバル(牝5歳)などを出している。

 そんなダンスインザムードの子どもが、デビューを控えた今年の2歳馬にもいる。栗東トレセン(滋賀県)の松永幹夫厩舎に所属するダンスディライト(牡2歳/父キングカメハメハ)である。


「天才少女」と呼ばれたダンスインザムードの子、ダンスディライト

 すでにトレセンで調教を開始している同馬について、関西競馬専門紙のトラックマンが陣営の評価や手応えを伝える。

「ダンスディライトについて、スタッフは『まだ全体的に緩さがある状況』としながらも、『いいモノを持っている』と素質の高さを認めています。そして、『調教を積んでいけば、よくなっていきそう』と前向きに話していました。530kg台の大きな馬格で、今後の良化は十分に見込めそうです」

 ダンスインザムードは、これまでさまざまな種牡馬と配合されてきた。そして今回は、初めてのキングカメハメハの子となる。リーディング上位の種牡馬ゆえ、その点についてはスタッフも期待しているという。先述のトラックマンが続ける。

「父がキングカメハメハになったことで、『母の持っていた切れ味やスピードを引き出せそう』とスタッフは話しています。配合の面からも、期待が高まっているようですね。これまでの兄姉とは違った一面が出るかもしれません」

 ダンスディライトのデビューは、年明けの予定。1800m〜2000mの距離を主戦場として使っていく見込みだ。「天才少女」と謳われた母ダンスインザムード同様、ダンスディライトもクラシックの舞台で輝くことができるのか。今後の動向から、目が離せない。