税制改正大綱決定で東京都は9200億円減収 改正ではなく改悪と批判

ざっくり言うと

  • 税制改正大綱決定で、都税から9200億円が地方に配分されることになった
  • 14日の定例会見で、都知事の小池百合子氏は「改正ではなく改悪」だと批判
  • 続けて、「地方分権という言葉は死んだ」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x