「未体験ゾーンの映画たち 2019」渋谷で -“中国版カイジ”やティモシー・シャラメ主演未公開作など

写真拡大

「未体験ゾーンの映画たち 2019」が、2019年1月4日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される。

日本未公開の怪作映画58作品を上映

様々な理由から日本公開が見送られてしまった怪作映画を敢えて上映する劇場発信型映画祭「未体験ゾーンの映画たち」。年々その規模を拡大し、着実に“未体験ファン”を作り出している本イベントに、2019年も各国から様々なジャンルの作品が集結。全58作品が上映予定となっている。

デンマーク歴代興行収入1位の傑作ミステリー小説映画

中でも特に注目したい作品の1つが、本国デンマークで興収歴代No.1の成績を記録した『特捜部Q カルテ番号64』。累計1000万部を売り上げた、ユッシ・エーズラ・オールスンによる傑作ミステリーを映画化した『特捜部Q』シリーズ最大のヒット作だ。

『君の名前で僕を呼んで』主演ティモシー・シャラメ幻の主演作

また、『君の名前で僕を呼んで』や、2019年4月に公開を控える『Beautiful Boy(原題)』でも主演を務めたティモシー・シャラメの幻の主演作『シークレット・チルドレン 禁じられた力』も上映。瞬間移動の超能力を持つエスパー兄妹が、運命に翻弄されながらたくましく生きていく演青春SFスリラーだ。

“中国版カイジ”やエル・ファニングら豪華キャストSFファンタジーなど

そのほか、2009年に藤原⻯也を主演に迎え実写化された漫画『賭博黙示録カイジ』の中国版実写映画『カイジ 動物世界』、近未来SFサスペンスの傑作『ガタカ』などで知られるアンドリュー・ニコル監督の最新作『ANON(原題)』、エル・ファニング、ポール・ジアマッティ、シャルロット・ゲンズブールらの豪華キャストが競演するSFファンタジー『孤独なふりした世界で』、そして、朝鮮戦争でトルコ軍が活躍したという知られざる史実を描いた実話『ブレイブ・ロード〜名もなき英雄〜』などもランナップする。

【開催概要】
「未体験ゾーンの映画たち 2019」
開催期間:2019年1月4日(金)〜
※シネ・リーブル梅田でも2019年1月下旬より開催予定
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
住所:東京都渋谷区渋谷1丁目23-16 ココチビル
鑑賞料金:1,300円均一(毎週水曜、毎月1日は1,100円均一)、リピーター割引あり、TCG 会員割引あり

<上映作品>
特捜部Q カルテ番号64/シークレット・チルドレン 禁じられた力/シークレット・ヴォイス/ザ・スリープ・カース/カイジ 動物世界/ANON(原題)/孤独なふりした世界で/ブレイブ・ロード〜名もなき英雄〜 ほか全58作品


[写真付きで読む]「未体験ゾーンの映画たち 2019」渋谷で -“中国版カイジ”やティモシー・シャラメ主演未公開作など

外部サイト

  • 「爆音映画祭 in MOVIX京都」ボヘミアン・ラプソディ、セッション、ゼロの執行人など爆音上映
  • 映画『移動都市/モータル・エンジン』LotRのピーター・ジャクソン製作の冒険ファンタジー
  • 「夜空と交差する森の映画祭」が栃木・ツインリンクもてぎで、約50本の作品をオールナイト上映