オーストラリアのサメが激減 政府主体の駆除事業の妥当性問われる

ざっくり言うと

  • オーストラリアのサメが激減したとする論文が13日、英科学誌に掲載された
  • 論文では、豪政府によるサメの駆除事業が減少の主要因だとされている
  • 人がサメに襲われるのを防ぐ対策だったが、妥当性が問われる可能性もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x