都内最大級の雛人形展「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」ホテル雅叙園東京で開催

写真拡大

ホテル雅叙園東京は、「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」を2019年1月18日(金)から3月10日(日)まで開催する。

「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」は、過去9回にわたって開催され、延べ55万人を超える来場者数を記録する都内最大級の雛人形展。会期中は、ホテル雅叙園東京館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」に、日本各地の歴史ある雛人形が集結する。

第10回目となる今回は、青森・秋田・山形をテーマに、3県8地域より約1,000点の名品を揃える。旧家に伝わる優麗な古今雛から、高さ2メートルを越える圧巻の段飾り、手のひらにおさまる極小の雛道具まで、珠玉の雛人形が一堂に会する。

関東初公開となる、旧弘前藩主津軽家の「蝋色笹唐草御紋付雛道具」は、普段は青森・弘前市立博物館に所蔵されている雛道具。全てを並べると全長16メートルにも及び、大名家の姫君の華やかな生活を彷彿とさせるような、婚礼調度の数々が揃う。

その他、日本三大つるし飾りの一つに数えられる、山形・酒田の「傘福」を雛人形とともに飾った賑やかな演出や、秋田・由利本荘から出展される、黒漆に牡丹唐草の金蒔絵を施した、450個もの極小雛道具などを展示。展示会場である絢爛豪華な文化財と、貴重な雛人形がコラボレーションした、優雅な世界観を堪能できる。

【詳細】
百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行
開催期間:2019年1月18日(金)〜3月10日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
会場:ホテル雅叙園東京
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
入場料:当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売は1,000円、1月17日(木)まで販売)、学生 800円 ※要学生証呈示、小学生以下無料
※セブンチケット(セブンコード069865)限定で中川政七商店の東北限定商品「東北ふきん」と入場券がセットになった、グッズ付チケット 1,500円を販売(なくなり次第終了)。
※展示品保護のため撮影不可、「漁樵の間」のみ撮影可能

【問い合わせ先】
イベント企画
TEL:03-5434-3140(10:00〜18:00)


[写真付きで読む]都内最大級の雛人形展「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」ホテル雅叙園東京で開催

外部サイト

  • 特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」東京国立博物館で、国宝含む史上最多15体の仏像曼荼羅が登場
  • ホテル雅叙園東京「百段階段」特別展、荒木十畝の花鳥画などをモーショングラフィックスで解説
  • 「いけばな×百段階段2018」目黒・ホテル雅叙園東京で、57流派が週替わりでいけばなを展示