タックル受けて試合中に心臓発作 10代の仏ラグビー選手が死亡

ざっくり言うと

  • 試合中に心臓発作に襲われた、フランスの19歳のラグビー選手が亡くなった
  • タックルを受けて心停止となり、蘇生処置を受けた後に病院に搬送されていた
  • 仏ラグビー界では8月ごろにもタックルを受けた選手が心臓発作で死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x