沖縄県の普天間第二小学校の児童 米軍機の接近による避難は700回に

ざっくり言うと

  • 沖縄県の普天間第二小学校に、米軍ヘリの窓が落下した事故から13日で1年
  • これまでに、米軍機の接近に伴い児童が避難した回数は約700回に及ぶという
  • 校長は「教育を受ける権利が損なわれていると感じる」と声を落としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x