「幼いほうが売れる」と業界 犬猫の販売年齢引き上げに反論も

ざっくり言うと

  • 超党派の議員連盟は11日、動物愛護法改正案の骨子をまとめた
  • 「生後49日を経過してから」とする犬猫の販売年齢を56日にするといった内容
  • 2019年の国会で提出する方針だが、幼い方が売れるため業界などから反対論も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x