2017年の発表でギャンブル依存症の疑い約320万人 調査方法がおかしいと指摘

ざっくり言うと

  • 約320万人にギャンブル依存症の疑いがあると、2017年9月に厚労省が発表した
  • しかしこの調査では、現在ギャンブルをやっていない人まで含んでいると識者
  • 実際にこの1年でギャンブル依存のリスクがある人は、約70万人なのだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング