イラスト

写真拡大

 力は見せたが・・・。先週大井競馬場でおこなわれた「第10回勝島王冠(SII)」。本命に推したヒガシウィルウィンは、まずまずのスタートを切ると流れに乗って6番手の位置を取る。道中は変則的なラップで、向正面中ほどからは、鞍上の手が動きながらの追走。4コーナーから直線入り口ではごちゃつくところがあったが、直線では手応え以上にしっかりと伸びて2着。勝ち馬は強かったですが、本馬も力は見せました。ただ、昨年に比べてズブさが出てきており、勝負どころで置かれてしまう分、勝ち切れないレースが続いています。それでも良い頃の状態に近づいてきており、久々の勝利を挙げる時も近いでしょう。

 さて、今週は「第64回クイーン賞(JpnIII)」が船橋競馬場でおこなわれます。

 本命に推すのはプリンシアコメータです。前走のJBCレディスクラシックは10着に敗れましたが、京都は2戦して11着、10着と、本格化してから唯一大敗を喫している鬼門のコースのため、参考外で良いでしょう。今回は昨年初重賞制覇を決めた得意の舞台。ハンデ戦ということもあり、トップハンデの56kgを背負いますが、3走前に背負って2着に入っているだけにカンカン泣きすることもないでしょう。出走メンバーを見ると、そこまでペースは速くなりそうもなく、絶好のポジションで競馬ができそうな今回は勝ち負け必至です。

相手本線はアイアンテーラー。前走のJBCレディスクラシックでは、好スタートからハナを切ると、レースラップが12秒1-10秒9-12秒5-12秒5-12秒4-12秒2-12秒5-12秒3-13秒0の淀みのない流れで、流石に直線は苦しくなって失速しましたが、それでも勝ち馬から1秒7差の8着に粘っており力は見せました。今回は前走ほどの先行争いはなさそうで、マイペースで競馬ができそうなメンバー構成。強敵のプリンシアコメータとは2圓龍堽椋垢あり、条件がそろった今回、ここで初重賞制覇を成し遂げてもおかしくありません。

 ▲はハービンマオ。

 以下、ブランシェクール、アルティマウェポンまで。

◎(9)プリンシアコメータ
○(7)アイアンテーラー
▲(8)ハービンマオ
△(3)ブランシェクール
△(1)アルティマウェポン

買い目
【馬単】6点
(9)⇔(3)(7)(8)
【3連複1頭軸流し】6点
(9)-(1)(3)(7)(8)
【3連単フォーメーション】15点
(9)→(3)(7)(8)→(1)(3)(7)(8)
(7)(8)→(9)→(1)(3)(7)(8)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。