9日、香港のシャティン競馬場で行われた4R・香港ヴァーズ(G1・3歳上・芝2400m)で6番人気、Z.パートン騎乗、エグザルタント(せん4・香・A.クルーズ)が快勝した。クビ差の2着に日本馬のリスグラシュー(牝4・栗東・矢作芳人)、3着にエジーラ(牝4・愛・D.ウェルド)が入った。勝ちタイムは2:26.56(良)。

1番人気でP.ブドー騎乗、ヴァルトガイスト(牡4・仏・A.ファーブル)は、5着敗退。

日本馬の岩田康誠騎乗のクロコスミア(牝5・栗東・西浦勝一)は10着敗退。

【高砂特別】武豊メイショウコゴミが直線抜け出す!

直線一旦先頭に立ったかと思われたが…

リスグラシューが本当に惜しい競馬で2着に敗れた。スタートから先手をクロコスミアが奪い、ゆったりとペースで引っ張り、リスグラシューは後方集団からレースを展開。勝ったエグザルタントは2番手をキープしていた。勝負どころから外目を上っていき、直線へ向くと直線半ばでは外から一旦先頭に立ったかと思われた。ゴール前、エグザルタントとの一騎打ちで僅かに遅れをとり惜しい2着に敗れた。