ブラゾンドゥリスと藤田菜七子

写真拡大 (全2枚)

重賞挑戦10回目となった藤田菜七子騎手は見せ場を作ることが出来ず無念の最下位となった。スタートからスピードに乗って先行争いに加わり4番手付近で流れに乗ったが、3コーナ付近から手応えも怪しくなり徐々に後退。直線入り口では早くも圏外に。内にもたれるような格好を見せて勝負どころでついていけなかった。

16着 ブラゾンドゥリス
藤田菜七子騎手
「1200mでも前に行たのは良かったです。3コーナーから右にもたれてしまい、最後までそれが続いてしまいました」

【高砂特別】武豊メイショウコゴミが直線抜け出す!

レース結果、詳細は下記のとおり。

9日、中山競馬場で行われた11R・カペラステークス(G3・3歳上オープン・ダ1200m)で1番人気、柴田大知騎乗、コパノキッキング(せん3・栗東・村山明)が快勝した。3/4馬身差の2着にサイタスリーレッド(牡5・栗東・池添兼雄)、3着に2番人気のキタサンミカヅキ(牡8・船橋・佐藤賢二)が入った。勝ちタイムは1:10.2(良)。

コパノキッキングは早くも6勝目

またしても3歳世代が古馬を撃破した。コパノキッキングはスタートから最後方になるも、前半を33.3と速いペースでレースは進み後方待機勢にも十分チャンスはあった。直線に向いてから大外に持ち出されると、先行各馬をあっという間に飲み込み全馬ごぼう抜きした。

コパノキッキング 8戦6勝
(せん3・栗東・村山明)
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:Gold Halo
馬主:小林祥晃
生産者:Reiley McDonald

【全着順】
1着 コパノキッキング
2着 サイタスリーレッド
3着 キタサンミカヅキ
4着 タテヤマ
5着 ヴェンジェンス
6着 オウケンビリーヴ
7着 ダノングッド
8着 ハットラブ
9着 キングズガード
10着 ネロ
11着 ウインムート
12着 オールドベイリー
13着 ナンチンノン
14着 ヒカリブランデー
15着 ノボバカラ
16着 ブラゾンドゥリス

※主催者発表のものと照らし合わせください